なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

11:30過ぎに訪問。先客1名後客3名。店内は小ぢんまりとしており、厨房を囲むL字型カウンターのみが設けられている。キッチリと清潔にされており居心地はまずまず。店主さん1人による切り盛りで、接客は非常に良好。

本メニューを選択。中盛は無料。土日はミニ炊き込みご飯もサービスになるとの事で、付けて貰う事に。
暫く待って配膳された。

麺は、軽い縮れを有する加水率低めの中細麺。部分的に辣油がかけられる。
食べてみると、茹で加減は程好く、適度なコシと歯応えを有している。小麦感を伴うツルツル&シコシコ感が心地良く、咀嚼と喉越しを存分に楽しむ事が出来る。紛れも無い上質の麺だが、個人的には、もっと硬めの仕上がりの方が面白くなるような気がした。つけ汁との相性は申し分無し。
量は、中盛でつけ麺としての適量というところ。炊き込みご飯と合わせると、十分な満腹感が得られた。

つけ汁は、赤みを帯びつつ茶濁。粘度は感じられない。
麺をつけて食べてみると、辛さは程好く付与されているが、ジワジワと来る鋭くも軽快な刺激、辛味は見事の一言に尽きる。唐辛子がダイレクトに主張し過ぎない為、他の要素が全くスポイルされないのが素晴らしい。
味噌はクセの無い味わいだが、味の厚みという点で重要な存在。上述の辛味とのバランスも非常に良好。塩分濃度はつけ汁として適度に高め。さらに、仄かに感得される甘みと酸味が巧妙に味わいを深めている。
ベースは清湯なので、メニュー的に出汁感の強い押し出しは無いが、コクはしっかりと感じられて文句無し。
様々な要素から構成されているが、トータルとしてのバランスが見事。最後まで、飽きが来る事は全く無かった。

具として、麺側に乗るチャーシュー2枚は、端部が赤い本格派中華料理店仕様のロース肉。割と小ぶりだが、十分な厚みを有している。控えめな味付けで、上質の肉の旨みをしっかりと味わう事が出来る。
メンマは細めのものがやや多め。コリコリ&サクサク食感が心地良い。クセの無い味付けで、非常に良い箸休め。
他に、海苔1枚。
つけ汁に入れられる雲吞は3つ。餡が大きめで、ジューシーな仕上がり、生姜の効いた味付けも良く美味。
他に、刻まれた葱とナルト、焦がしニンニク&葱。後者のコクと香ばしさは絶妙としか言いようが無い。

なお、最後に頂いた炊き込みご飯も文句無しの旨さ。素晴らしい。

非常によく練り上げられている事が伝わって来る辛味噌つけ麺。上質感と力強さがバランス良く同居する味わいを、存分に堪能する事が出来た。是非、他メニューも食べてみたくなる実力店だ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。