なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「ほんわか魚雷850円」@ほんわかの写真しょっぱすぎた魚雷❗️タマゴは2つでドラえもん♥️


いつもの残業前の夕食にお邪魔しました。日付は令和元年7月24日で、7年ぶり3回目の訪問です。ずいぶんとインターバルがありましたから、どれもちょっとずつ値上がりしているみたいです。最近はあまりこちらのお店の噂が聞こえなくなっていますが、さて、どうだったでしょうか。

・ほんわか魚雷850円
・大盛1・6玉150円

魚雷は魚出汁が強いとのことでしたが、しかし、食べてみると出汁感もありますが、それ以上にしょっぱい感じがします。そんなに多くはないですが魚粉も少し足しています。もっとも、粉っぽさは全然感じない程度だから問題ないですが、それでも魚介系の出汁よりもしょっぱさを感じるのがきついです。こちらは赤湯辛味噌系のインスパイアを感じさせながらも、独自に進化した感じの山形辛味噌的な印象を受けますが、スープは赤湯式とはまるで違います。ただ、ラードがしっかり厚く張っているので、麺をリフトアップすると湯気がものすごいですね。

麺は太い平打ちの縮れ麺でこれこそ赤湯系の代表的な、モチモチした食感の中に心地よいツルツルシコシコ感も兼ね備えた赤湯系ならではの美味しい麺です。しっかりした復元力の高い麺だけに跳ね上げによる二次被害には注意が必要です。初めて大盛にしてみましたがやはり多すぎたかもしれません。ここは並で190グラムありますから、並で十分かもしれません。

スープの風味を壊さないようにとの配慮かもしれないですが、辛味噌はごく少量だけです。それでもモーパパ的にはかなりのインパクトですが、確かにスープのしょっぱさで辛味噌パワーも霞みがちです。チャーシューの上に焦がしタマネギ?これまたスープのしょっぱさでインパクト埋没です。半熟タマゴ丸ごと一個は嬉しいですね。半熟玉子の断面が2つ並ぶとラーメンはなぜかドラえもんに見えちゃうから不思議です。チャーシューは今風のトロトロ系ではなく、しっかりとしたニクニク系で、味は悪くないです。

結果的に初訪問で食べた新味塩の時の感動は、今回はあまりなかったです。基本的に悪くはないのでしょうが、特に今回の魚雷は色々ゴチャゴチャに混ざりあって旨味が濁ってしまったような印象を受けました。次は新味醤油でも試してみたいですね。御馳走様でした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 3件

コメント

ドラえもんよりガチャピンに、みえるのは私だけ。
それより塩分控えた方が良いんじゃないんですか?

すてぞー | 2019年8月10日 18:33

すてぞーさんの観察眼にはいつも感心させられます。ガチャピンもいただきました♥️

モーパパ | 2019年8月11日 16:02