なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「みそやさいラーメン500円」@北海ラーメンの写真街中で、通りがかりに見かけたコチラの店。
まさか北海ラーメン 札幌本店の支店!?
などと思ったら・・・
単なる街の中華屋さんでした。出前もやってます。

12:20頃の入店で、先客8名。
客層は、ガテン兄さんと昼酒オヂサンが半々の構成でした。
ご主人はワタクシと入れ違いに出前に行ってしまい、
オカミと姐さん二人でキリモリしています。
どれどれ、メニューを・・・
おっ、安い! ラーメン400円!
味噌ラーメンは500円ですが、
「みそもやしラーメン」「みそやさいラーメン」も同額でして、
ソレならば、掲題のモノを注文いたしましょうか。

オカミの手によって野菜が炒められ、後にスープで煮込まれ、
平ザルで茹でられた麺がブチ込まれて完成です。
そして登場した、やや大きめなドンブリ。
あ・あのぉ、500円でしたよね、コレ。
何なんですか、このヤサイの山わぁ!!
明らかに、同じ一之江界隈のラーメン二郎 環七一之江店のソレよりもリッパなんですけど!

具材はモヤシ、キャベツ、ハクサイ、ニンジン、タマネギ、ネギ。
コレは、フツーの味噌ラーメンの「ヤサイ増し」的な位置付けなのでしょうか。
肉っけは皆無ながらも、とにかくリッパなんです。
くどいですけれど、500円なのに。。。
ま・まさか、あとでテーブルチャージやら指名料やら請求されたらどうしましょ。
などと、意味不明にタジロギながらスープを・・・
コ・コレは!
明らかにギョームチックな味噌、マチガイありません。
でも、ソレが濃いんです。濃ゆいんです。
出汁は鶏でしょうか、さしたる特徴は見い出せません。
まさに味噌のパワーで押し切ってしまう作戦ですね、おそらく。
この塩分濃度、ガテン兄さん御用達ならではと言ったところでしょう。
ぐ・具合イイぢゃないですか、なかなか。

麺は中細の微縮れタイプ。
サッポロ系とは全く無縁な汎用っぽいヤツではありますが、
コレだってなかなか量があるんです。
ホントにクドイですけれど、500円なのに。。
ヘンにヤワい麺が大量だと罰ゲームっぽくなったりするものの、
そんな事はありません。オカミ、キッチリと仕上げてくれました。

具材は、もちろんモンクなし。
濃ゆいスープで茹でられているので、味わいもバッチリ。
モヤシばかりの山と違って、歯応えだってイイ感じなのです。
せめて挽肉のカケラでも入っていればアリガタかったのですが、、、、、
肉が無くともオヤヂは育つ!
そんなトコロで納得しておきましょう。

後半、さすがに味噌パワーだけでは飽きてきました。
でもダイジョーブ!
卓上に、おろしニンニク、豆板醤、それらのデカボトルがあるんです。
よくラーショなどに置かれている、業務用のソレですね。
ドボドボ入れれば刺激的、午後のシゴトもバッチリでしょう。

最後はメチャクチャになりつつ、完食・完飲、イイキモチです。
「ウマいラーメン食べ歩き」の皆様が近寄るような店ではありません。ありませんとも。
モノの試しに食べてみる事は、積極的にはオススメいたしません。
でも、「ヒルメシ」という観点から見ると、なんてステキな店ざんしょ。
比較的近場なのに、コチラの店の存在に気がつかなかったなんて、、、、
ああ、今までの人生において、ラーメン代を幾らか損した気分です。
おっとソレを計算してはイケませんでした。
今までに吸ったタバコ代、、、
今までに払った家賃の総額、、、
それらと共に、決して触れてはイケナい領域だったりしますから。。。

●子連れ情報
子供メニュー:なし
座席:小あがりあり
ベビーカー:スペースあり

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

いいじゃないですか。
一之江恐るべし、バイク屋に行くついでに立ち寄る店がどんどん増えていきます。

忍者信 | 2010年3月10日 17:56

あら。
確かにお値打ち店ですね。

・・・近いのに知らなかったのね。
無論アタシも~。
タンメンも塩もあるぢゃない。これ、まさにヒルメシ用にとって置きましょ。

さて、べジポタ。
野菜を出汁にするんではなくて、すりつぶしたりして、どろどろになるまで
野菜を煮込みます。だからドロドロです。
野菜以外をいれてもベジポタ名乗ってもいいそうですけど(笑)。
himaさん、みそや林檎堂BASIC、行ってませんでしたっけ?
アソコもそうらしいですね。
あと、「大ふくや」とか「四代目けいすけ」とか。
ラ本に載ってましたよ。

会津愛おし ぶるぢっちゃん | 2010年3月10日 17:57

こんにちは。

こんなスバラシイお店を見落としてたなんて、もったいないですね。
この価格にこのボリュームなら、これからも
ちょくちょくお世話になるんじゃないですか?
自分も馬込で見つけた「中華料理 廣新」みたいで良いですね。

ayashi | 2010年3月10日 18:14

こんばんは。

いや~、スゴイ!
500円とは思えぬ、そのビジュアルは直系二郎をも凌駕しますか~(驚)
卓上アイテムも充実しているようですし、こーゆお店は僕も大好きです!

おさっても | 2010年3月10日 23:07

こんばんは。

これまた知らないお店ですね~
この通りはおそらく通った事が無いと思います。
ワンコインでこの内容とはステキですね~
ありきたりの食材ですが、シッカリ作られているようで旨そうです。

>今までに吸ったタバコ代、、、
私は1日2箱半ほど吸っていたのですが、止めて7,8年経ちます。
計算すると中々ステキな金額を節約出来てます(エッヘン)
しかし、お金は残っていません(汗)

ぽんたくん | 2010年3月11日 00:51

コメントありがとうございます。

忍者信さん、
いえいえ、大田区に比べたらレベルが低いといいますか、
層が薄いと言いますか・・・・
こういうレベルの店で納得するしかないのです(笑)

会津愛おし ぶるぢっちゃんさん、
なるほど、解説ありがとうございます。
しかし、ダレが言い出すんでしょうね、そういうのって。
林檎堂は行きましたが、そういう言い方自体を知りませんでした。
ワタクシは
「なんだか判らないけどンマイ!!」
的な表記しか出来ませんから、知らなくても良いのかもしれません。。。。

ayashiさん、
なるほど、「中華料理 廣新」ですか。
そういう店に当たるから、アテズッポウに訪問するのは楽しいものですよね。
でも・・・
当たりの影に、累々と重なるハズレの山が。。。。。
とにかく、コチラはラッキーでした。

おさってもさん、
いやはや、「一之江二郎」は盛りがオダヤカですから。。
とにかく、「食べてよかった!」などと実感できた店でした。
卓上のデカボトル、これはついつい入れすぎてしまってキケンです(笑)

ぽんたくんさん、
この道、実は火葬場に向かう道でして・・・
ワタクシも、いずれお世話になると思います(笑)
ソコで自身がケムリになるまで吐き出すであろうケムリ代・・・・
ああ、計算するのが恐ろしいです。

hima | 2010年3月11日 06:15