なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「らーめん(中)(豚一本):1300円」@肉汁らーめん 公 kimiの写真所用で新馬場に降り立った焼きおにぎり。さてさてどこでラーメンを・・・。と検索したら、こちらに二郎系のお店が!ということで訪問です。
お店の目の前まで来て思い出しました、こちらチャーシューどか盛りで昔テレビで紹介されてましたね。
入店。さてここは・・・この・・・1300円プライスの・・・豚一本に・・・したところで私は食べきれるのか?と一瞬思いつつも購入。もう後には引けません。
待ちます。店内は普通に賑わっております。店員さん達4名ほどは家族経営臭がする顔ぶれです。

そして丼着です。わっ、やっぱりすごい。試合開始です。
・・・ぐっ!想像していた最悪の事態が・・・!豚さんが・・・カタパサ!これはやばい・・・やばいですぞ・・・!
脂身が混じってる部位は・・・2切れほどしかありません。あとは全部脂っ気ゼロの赤身。しかも冷えてる。そしてガッチリタイプの繊維質で噛み切るのが疲れるレベル・・・。肉厚でショックに思ったのがこれが初です。
1切れを完食。・・・これもう無理なのでは?
スープは非乳化豚骨醤油。出汁感も塩感も相当薄めなあっさりタイプ。酸味がちょっと目立ちます。これはこれで需要があるでしょうから良いと思います。
麺は極太平打ち縮れ麺。これは普通に良麺ですね。食べ応えあって美味しいです。
ヤサイはモヤシが90割ほど。ちょっとジャグジャグ食感の水っぽいモヤシですね・・・。茹で過ぎかも。
豚氏と格闘。咀嚼していると口中の水分が失われていきます。スープで潤わせる。
・・・・・・8切れ残ってて既に腹八分なんですけど!焦るおにぎり。
無心になってモシャリモシャリ。この豚氏、永久に減らないんじゃないかと思うようになってきました。
チラと厨房を見ると、心配そうな目で店員さん全員が見ておりました。いや、あれは心配というより、残したらタダじゃおかんぞという目だったかも・・・。
残り4切れぐらいになって飲み込めなくなってきました。
・・・あら、カエシボトルがあるじゃありませんか。そうだ、これを投入してみましょう。
む、味が締まって少し美味しくなってきました。かけましょうかけましょう。
以下果てしない自己との戦いで長くなるので省略し、見事完食です!最後の1切れがとてつもなく巨大な質量に感じました・・・。

まさかの下ブレの豚氏に遭遇してしまい困難を極めましたが、なんとか残さない記録継続中です!
焼きおにぎりの名を汚さずにすみました(もう汚れまくってる)

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

こんにちは。
カタパサの豚がこの量だと確実に遭難します(>_<)上ブレのときならいいですが、ブレがあるとなるとオーダーするのは勇気いりますね~

poti | 2019年4月19日 10:40

potiさん
どうもこんにちは。
直系二郎での当たり豚さん(ふわとろジューシー豚)みたいなのだったらこの量でもペロリといけた気がします!
しかしよりによって近年稀に見るレベルの残念豚さんでした・・・。
こちら注文するのはちょっとギャンブルですね!そもそも当たり豚の日があるのk(略)

焼きおにぎらず | 2019年4月20日 03:22