なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 
2017年4月19日の大崎裕史の今日の一杯

東京都杉並区方南町

久しぶりに「りょうたん亭」に行ってきた。ここは「たんたん亭」出身である。そこで改めて「たんたん亭の系譜」を整理してみたくなった。(写真はワンタンメン800円)
=====
代表的な東京ラーメンの一つに「たんたん亭」がある。「支那そば」と呼んだ方がぴったりくるかもしれない。また、弟子を多く輩出していることでも知られており、いずれも結構な人気店になっている。そしてその孫弟子も誕生しているのでここでいったん整理してみたい。
( )内は、最寄り駅(または市名)と創業年

たんたん亭(浜田山:1977年)
 たんたん亭高井戸店(高井戸:1985年→閉店)
 たんたん亭阿佐ヶ谷店(阿佐ヶ谷:2000年)→後に「支那そば たなか」
 支那そば いしはら(西荻窪:2007年)※「たんたん亭」創業者がオープン

はるばるてい(経堂:短期間修業:1986年)※短期間しか居なかったらしい
 嚆矢(駒場東大前:2004年、たぶん二代目)
 よっててい(池上:2009年)

めでた屋(仙川:1988年)

かづ屋(目黒:1989年)
 ※支店だった六本木、五反田、武蔵小山は閉店
 支那そば 英屋(多摩川:1997年→閉店)
 はやしまる(高円寺:2004年)
 なかじま(高崎:2008年)
 松波ラーメン店(松陰神社:2009年)
 しなてつ(荏原町:2010年)
 穀雨(渋谷:2012年)※未確認
 すずき(大和:2013年)
 かづ屋(昭島:2013年)※支店ではなく、出身者が勝手に店名を使用
 小むろ(行徳:2014年)
 薫風(梶が谷:2014年)
 かでかる(与那原:2015年)
 燈灯亭(上町:2016年)
 麺屋悠(大久保:2016年)
 玉龍(昭島:2016年:昭島かづ屋の跡地)
 くろ松(高崎:2016年)※かづ屋のあと他でも修業し、違う味で独立

ふうや(府中:1992年→閉店)

りょうたん亭(方南町:1994年)

だんらん亭(つつじが丘:1998年頃?:閉店)

八雲(池尻大橋:1999年)
 幸雲(須賀川:2006年)
笑'z(三軒茶屋)※修業かどうか未確認
 かつみ(松江:2013年)
 中華sobaいそべ(矢口渡:2016年)
 大和(稲荷町:2017年)

八島(板橋創業不明→神田1999年→茅場町2004年:たんたん亭高井戸店店長→本店→独立:閉店)※本店でかづ屋店主と一緒にやっていたのは確認済み。

風武(高円寺、閉店)

こうして見てみると「たんたん亭」本店出身は、2000年以降「たなか」と創業者の「いしはら」しか出ていない。最近は「かづ屋」時代と言える。好みの問題かもしれないが、どの店も私は好き。こういう店がこれからも何十年と続いて欲しい。

お店データ

りょうたん亭

東京都杉並区和泉4-48-15(方南町)
大崎裕史

(株)ラーメンデータバンク取締役会長。日本ラーメン協会発起人の一人。東京ラーメンショー実行委員長。1959年、ラーメンの地、会津生まれ。広告代理店勤務時代の1995年にラーメン情報サイト「東京のラーメン屋さん」を開設。2005年に株式会社ラーメンデータバンクを設立。2011年に取締役会長に就任。「自称日本一ラーメンを食べた男」(2015年12月末現在約23,000杯実食)として雑誌やテレビに多数出演。著書に「無敵のラーメン論」(講談社新書)「日本ラーメン秘史」(日本経済新聞出版社)がある。