なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「特製つけめん(太めん 950円)」@中華そば 青葉 東大和店の写真休日午後。息子同行で墓参りの帰り、帰路にあるコチラを訪問。アイドルタイムの15時半頃に入店。先客なし、後客ぽちぽち。この日は気温が上昇したので、入口の券売機で特製つけめん(950円)、息子はその大盛(1,050円)の食券を購入しカウンターに着席。手渡す際に二人とも太めんを申告しました。

同店は個人店とは違い、敷地内外に10数台分の駐車スペースを確保しているので、クルマで移動する際には便利です。また、中休みなしの通し営業なので、私たちが入店した後もぽつぽつと途切れることはありませんでした。店員はベテラン1+バイト1の2名体制。麺の茹で→水〆にやや時間がかかりましたが、手際よく調理が進み、つけダレ、麺が同時にほどなく配膳。

小さめのつけダレ丼には、魚介豚骨醤油スープ。中にはチャーシューやメンマが沈んでいるのが見て取れ、なるとに味玉が添えられています。麺皿の方には、きしめんかフェットチーネかってくらいの幅広な平打ち太麺が盛られていますが、昨年同店でいただいた標準の中太麺とは比べ物にならない存在感です。では早速いただきます。

まずつけダレ。青葉お馴染みの、九州系豚骨と鰹煮干の魚介出汁を合わせたダブルスープ。つけめんのつけダレにはそこに薬味ネギ、ゴマ、辛味と酢が入って調製されます。甘辛酸のバランスの良い飲み口。ちょっと辛味のピリ辛具合が目立つ感じで美味しい。

麺は、手打ち風にちょっとうねった幅広の平打ち太麺。比較的色白なので、見た目ホントにフェットチーネと言われても信じちゃいそうなものw

コイツをつけダレにダイブさせて啜ります。その形状から想像に難くないですが、ムッチリ感はほぼなく、ツルツルシコシコという擬音で表現される食感w 手打ち風のうねり部分が絡め取ってくるのか、スープの乗りも悪くはありません。それよりも、これだけの表面積をもつ麺を一気にダイブさせると、つけダレが冷めるのが早そうですw

具材は、極薄切りのチャーシューが数枚、メンマ、なるとに味玉。チャーシューの枚数が特定出来ないのは、箸で摘む度に崩壊して破片になって行くので、元々何枚だったのか特定不能w 結果、口に入れるときにはクズ肉のようになってしまい、特製を頼んだけどお得感は少ないなって感じです。

麺が残り少なくなったところで、スープ割をお願します。ブーメラン方式で戻ってきたところで、麺を入れてプチラーメン風に楽しみ食了。青葉に関しては、どこの店舗でいただいても一定のクォリティが保たれているのは素晴らしいと思う反面、チャーシューについては、もう少し食べ応えの点で再考をお願いしたいなと感じた一杯でした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 2件

コメント

青葉は新宿で何度か食べましたが
麺ってこんな雰囲気でしたか?
もしや仕様変更?今度確かめに行ってみます。

YMK | 2017年6月20日 08:25

YMKさん、こんにちは。

オプションでチョイスできる太麺なんですが、以前とは仕様を変更をしたみたいです。
きしめんみたいな太さで、結構インパクトありましたw

NSAS | 2017年6月20日 20:11