なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「冷やし中華」@天龍 銀座街店の写真暑い、こんな日は冷やし中華でしょ。

こちらの冷やし中華はまだ未経験なので寄ってみた。

さすが混んでます。左隣の親父さんは中華丼、右隣はモヤシ炒め?この暑いのによく食べれますね。左の親父さんは、超スローテンポで食べてます。暑い?それとも熱いから?

冷やし中華の麺が出来上がり、カウンター内の厨房?に運ばれてきます。そこで具材を盛り付けるのでしょうか?

麺が置かれた台の下の扉を開き、お椀で具材をすくい麺にかけます。中華丼の具材にも見えます。

ハテナマークがいっぱいある中、着丼。えっ、これが冷やし中華ですか?

浅漬けのようなキュウリのぶつ切り・鶏チャーシューのようなブロック・クラゲ、これが具材の全貌。久しぶりにクラゲと出会えた!がっ、

錦糸玉子は?ハムは?紅ショウガは?トマトは?ここの店の冷やし中華は立川マシマシ並みの独創的なものでした。

店によって違う具材は冷やし中華の楽しみの一つ。こんな冷やし中華もありかと納得。

なやや縮れ細麺はしっかり冷やされ、こんな暑い日にはもってこいです。麺量180g位で量的に満足。

皿の縁に盛られた辛子と、やや酢が効いた醤油味のスープ、どちらも多めで嬉しい。辛子を全部溶いで完食・完飲。

左の親父さんの中華丼はまだ1/3以上残っています。大丈夫でしょうか、ちょっと気になりました。
そんな下町雰囲気の中華料理屋、好きです。ごちそうさま。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

コメント

まだコメントがありません。