なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「炙りチャーシュー麺(味噌) ※クーポンで700円」@じゃげな 辰野店の写真1月某日、昼、本日は正月休み明けのまたまた3連休の初日。天気も良いので久しぶりに家族でチョイと南信方面にドライブに出る。昼はラーメンが食べたい、という事になり突入したのはこちらの店。

こちら南信地区を中心に展開している「じゃげなグループ」の店。こちらの店も「ラーメンクーポン本」での対象となっているからして丁度イイ。私的にはほぼ3年ぶりの突入となる。

11:40着、先客無し、四人してテーブル席に着座、後客10名。早速、ラーメンクーポン本で「炙りチャーシュー麺」(925円税別)が700円になるページを示して注文する。こちら本では(醤油or味噌)と選べる模様なので‘炙りチャーシュー麺(味噌)’でイク。

因みにメニュー表(メニュー写真)では「炙りチャーシュー味噌らーめん」の表記となっている。こちらの店、来る都度にメニューがビミョーに変わるイメージがあるのだが、前回よりも「まぜそば」などが増えている模様である。そして待つ事6分、着丼。

ビジュアルは、炙りチャーシュー3枚、メンマ、ミズナ、モヤシ、コーン、一味唐辛子、刻みネギが、味噌スープに乗っている。

スープから。豚骨ベースと思しきスープはまったりとした動物感があり、節系の魚介も強めに香る。この魚介感が強めなのが印象的。合わせられた味噌ダレは信州味噌がベースで味噌の風味はあるが、やや甘めの味噌テイスト。こちらのスープは甘めの傾向があるからしてその系統上の味わい。そして塩分濃度はやや高めであるので多分にまったりとした味わいの味噌スープである。

麺は断面四角のゆるいウェーブのかかった太麺。茹で加減やや硬めに揚がり、ムチムチとしたコシがある。まったりとした味噌スープにも負けていない。なかなか美味い麺である。

具の炙りチャーシューは豚バラで厚みがあり、芳ばしさが立つ。味付けは甘ショッパーな醤油ダレで肉の中まで滲みていて実に美味い。メンマは極太でサクサクとした食感がイイ。味付けも甘醤油の味付けでなかなか美味い。ミズナはシャキシャキ、まったりとした味噌スープにイイ感じの箸休め。モヤシもシャキシャキ、味噌に合う。コーンはそこそこ甘味あり。一味唐辛子はプチスパイシーさが効いて来る。刻みネギもシャリシャリの薬味感がイイ。

スープは少しだけ残し。家族での南信へのドライブ途中に突入したこちらの「じゃげな」。今回はラーメンクーポン本で「炙りチャーシュー味噌らーめん」をイッタのだが、まったりとした甘味を伴う味噌スープに乗った炙りチャーシューが芳ばしく、厚みもあり、ボリュームもあって美味かった。このやや甘味を伴うテイストは「じゃげな」に共通するテイスト。その意味でも久しぶりに「じゃげな」らしいラーメンを食った気分になれた、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

コメント

まだコメントがありません。