なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「ラーメン 750円」@麺屋ごとうの写真変わらぬ味でしょうが、私たちの味覚が肥えたのでしょう

2018年8月25日(土)14時前に訪問。

午前中は家内が日暮里で布地を買い、私は車で「男はつらいよ」を観ながら待っていました。

昼食は、前から気になっていた西日暮里の老舗の稲毛屋さんでうなぎを食べようと思いましたが、
ラストオーダーが13時半で間に合わず、それでは「キッチン マロ」「麺屋ごとう」「池袋で何か」
を家内に提案したところ、こちらがいいということになりました。

家内とは西池の頃に数回訪問しており、砂糖がジャリジャリ底に溜まっているスープがお好みでした。
私は駒込に移転した時にも訪問しており、二回目、家内は初の訪問です。

CPに車を停め、お店に向かうとカップルが入るかどうか思案している横を抜け入店。

まずは券売機で、私は「ラーメン 750円」、家内はあつもりか悩みましたが、
特製だからと「特製もりそば(つけめん) 750円」を購入。
運よく四人テーブルが空いており、そちらに着席です。

席の横に製麺室があり、製麺機が置かれています。
また、お客さんは常連さんばかりで、入れ替わりでカウンター席は半分ほど埋まっています。
西池のころの大行列がウソのようですね。

「西池の時はよくいったんですよ」と女将さんに言うと「そうですか」と一言。
当時は女将さんはお店にいなかったですね。

数分後、まずはラーメンが提供され、少し食べているとつけめんが提供されました。

変わらぬ味でしょうが、私たちの味覚が肥えたのでしょう。

特徴がなく、私たち共通の感想です。今のラーメン屋さんはレベルが上がり、
また、スーパーで買える麺も美味しく、特徴や差が感じられません。
昔は本当においしいと感じました。

つけめんは、水で〆て冷たいのでなく、温かくはない程度とのこと。
スープは私も飲みましたが、昔のような酸っぱさと甘さが弱く、ラーメンのスープと変わりません。

私が先に食べ終え、「チチチチ」とニヤニヤCPの時間を気にする家内も早く食べ終え退店。

CPに車を停め、ラーメンをいただき、CPを出るまで30分もかかりませんでした。

また機会があればいただきます。ごちそうさまでした。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

コメント

まだコメントがありません。