なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「塩ラーメン…880円」@麺屋 さくらの写真2018.9.1昼3 約1年2ヶ月ぶりの再訪、同品は「淡麗旨口ラーメン塩」から改名して以降は初めてで2年10ヶ月ぶりのオーダー。

動物系オフとは信じ難いほどの芳醇なスープからは節系の香りがビンビン。
オーダー毎に和ダシに追い節をするからこそ得られる、日本人の琴線を強かに揺さぶる魔性のフレグランスだ。

ぷっくりと柔らかな麺肌ながら麺線にハリのある自家製細麺は、風味の良さから啜りきった時の香りの運びまで全てが一級品で、嘗ての記憶より一段と深化。

その啜り心地の良さを、昆布と椎茸の滋味が一層引き立たせているのも同店らしい仕様。
終盤にシナッとした海苔と一緒に啜るのも極楽だし、ここまで三つ葉が合う味わいのラーメンも他にないだろう。

数え切れぬマイナーチェンジを繰り返す同店の清湯メニューは、どちらも食べる度に新しい楽しさを提唱してくれているような気がする。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 4件

コメント

まだコメントがありません。