なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

11:10頃訪問。他客無し。店内は割と小ぢんまりとしており、1列のカウンターと1つのテーブル席が設けられている。程好く清潔にされており、居心地はまずまず。店主さん1人による切り盛りで、落ち着いた感じの接客。

本メニューを選択。調理は丁寧で、暫く待ってから配膳された。

麺は、グレーがかった色合いのストレート太麺。ぐるりと綺麗に盛り付けられており、表面の光沢が食欲をそそる。
食べてみると、茹で加減は丁度良く、しっかりとしたコシと歯応えを有している。瑞々しさを伴うツルツル&モッチリ食感が実に心地良く、咀嚼と喉越しを存分に楽しむ事が出来る。小麦の風味旨みもしっかりと感じられる紛れも無い上質の麺だ。つけ汁との相性も申し分無し。
量は並盛で250gとの事。個人的に、つけ麺にはジャストな分量だ。

つけ汁は、濃いめの色合いに茶濁。しっかりとしたトロみが感じられる。
麺をつけて食べてみると、節を主体とする魚介系の風味旨みが力強く主張。動物系出汁も濃厚に抽出されており、コク、味の厚みに文句無し。その割にはクセ、過度の重さは抑えられており、バランスの良い味わいに仕上げられている。
醤油感もしっかりと感じられ、塩分濃度はつけ汁として適度に高め。力強いキレを生み出している。この系統らしい甘みも付与されているが、全く嫌味にならないレベル。一方、明瞭に感得される酸味が、飲み口の良さをもたらしている。
途中、カウンター上の唐辛子細粉を加えると、非常に良い味変に。最後は酢を投入してサッパリ感を楽しんだ。

具として、麺側には、低温調理による豚ロース肉と鶏胸肉が1枚ずつ盛られる。いずれもシットリと仕上げられており、良質の肉の旨みを生かすべくの非常に控えめな味付け。文句無しのクオリティだ。
他に、海苔1枚が添えられる。
つけ汁には、穂先メンマ1本、細長くスライスされた玉葱、青葱が入れられている。玉葱の程好い主張具合が好ましい。

濃厚さと上質感が打ち出されたハイレベルな豚魚系つけ麺を、大いに楽しむ事が出来た。他メニューも食べてみたくなる魅力を有する実力店だ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。