なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「鶏そば_680円+セットA(鶏めし_200円)」@鶏そば そると 阿佐ヶ谷店の写真2019年4月22日(月)11:40頃訪店。

先客ゼロでした。

ランチ限定セットとして、プラス200円で
A.鶏めしのセット
B.水餃子とごはんのセット
C.親子ごはんのセット
のいずれかが可能。しかも17時まで~w。

初めてなのでAをチョイス。券売機で「鶏そば」ボタンと「A」をそれぞれポチり、
食券2枚を一緒に渡します。

カウンター席に座ります。メニュー表を拝見。

そうそう、確かに昔は「つけ麺処 三ツ葉亭」という名前で、宿題店にしていた
ような覚えがあります。

2010年に創業して、2013年に下北沢に姉妹店「鶏そば そると」を開店。その後、
阿佐ヶ谷の皆様にも鶏そばを食べていただきたいと、2018年11月に「そると」へ
リニューアルされたそうです。

鶏にもこだわりがありそうです。「鶏そば」「鶏白湯」があります。

「鶏そば」は、「あっさりとした清湯スープと細麺を使用した汁麺。」と書かれてい
ました。「さばきたての鳥取産の大山地鶏をメインに、たっぷりの香味野菜で炊いて
います。しっかりとした鶏の出汁に野菜の旨味をのせ、一晩寝かせることで、味に丸
みを与えています。

「清湯スープ」は、「鶏ガラを弱火で炊いた無色透明のあっさりスープ。上品で
しっかりとした出汁を感じます。鶏の風味をお楽しみ下さい。」と書かれていました。

「細麺」は、「北海道産と埼玉県産の小麦粉を独自にブレンド。胚芽入り全粒粉低
加水麺。歯ごたえのある食感。替え玉にもどうぞ。」とのこと。

実際に食すると、スープの鶏風味はしっかりと感じられるものの、それほど濃厚では
なく、まさにあっさり。濃厚な水炊きスープのようなイメージでいると、やや薄く感
じられますが、しっかりと鶏風味は出ていました。

麺も説明書きの通り、全粒粉で低加水が感じられるプツプツ感がありました。
バランス的にはさっぱりスープであるため、麺が少し勝っている印象です。

肉はジューシーさがある分厚い鶏肉で、ラーメンのチャーシューというより、丼用の
鶏肉という食べ心地でした。

セットの鶏めしは「オーブンで焼き上げた鶏チャーシューを甘めの醤油ダレで味付け」
とのこと。タレが甘めですが、肉はしっかりした歯ごたえで美味しく食べられました。

ネギは生でしたので、少しパサパサ感がお口の中に残りました。

テーブル席は2人用×2でしたが、家族連れとかで来たいですね~。もう少しスペースが
あると、家族客とか一気に増えそうな雰囲気のお店です。

美味しくいただきました、どうもごちそうさまでした!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。