なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

開店時間11:00の3分ほど前に到着し、先待ち3名に接続。後客は4名だった。店内は割と小ぢんまりとしており、カウンター席のみが設けられている。落ち着きを感じさせる和風の内装で、キッチリと清潔にされており居心地の良い空間だ。店主さん含む男性2名女性1名による切り盛りで、接客は非常に丁寧で良好。

本メニューを選択。最初に茹でモヤシ&キャベツが供され、カウンター上のドレッシングをかけて食す。
その後、つけ汁、麺の順番で配膳された。

麺は、多加水のストレート中太麺。
食べてみると、茹で加減は丁度良く、非常にしっかりとしたコシと歯応えを有している。表面の平滑性と、噛み切る際のグニグニという非常に強い抵抗感が心地良く、咀嚼と喉越しを存分に楽しむ事が出来る。タイプ的に小麦感はさほどでも無いが、紛れも無い上質の麺だ。つけ汁との相性も申し分無し。
量は、並で300gtの事。自分にはこれだけで十分な満腹感が得られた。

つけ汁は、やや濃いめの色合いに茶濁。程々のトロみが感じられる。
麺をつけて食べてみると、動物系、魚介系の出汁感はいずれも文句無しに濃厚。それでいながら、何らかの要素が突出し過ぎる事は無く、丁寧な仕事に裏打ちされたクセや雑味の無い味わいが素晴らしい。
タレはかなり強めに効いており、つけ汁単体で味わうと、かなりショッパいレベル。ただ、具を除くと、汁の量が少なめで、麺に部分的につけて食べ進める事になるのだが、この食べ方をする分には特に問題無し。
なお、甘みや酸味は抑えられており、全体として、「骨太」という印象を受ける味わいに仕上げられている。
最後、スープ割りを頼んだが、それでもショッパかった。旨いので、ほぼ完飲したが。

具として、つけ汁には、チャーシューの大きめなブロックが4つも沈んでいる。歯応えは適度で、ジューシーな肉質が素晴らしい。醤油ダレによる味付けも程好く、非常に美味。
他に、刻まれた青葱と白葱が中央に浮遊している。
麺側に盛られる半味玉は、黄味ネットリの仕上がり。やや甘めの味付けで中々の旨さ。
太いメンマは3本。適度な歯応え、丁寧な味付けで良い箸休め。真ん中の1本には、鷹の爪1片が乗せられる。
他に、カットレモンが1片添えられている。途中、麺に絞ってみたが、良い味変になってくれた。

上質感と力強さがバランス良く共存する濃厚豚魚系つけ麺を、大いに楽しむ事が出来た。値段設定もかなり抑えられており、細かいサービスを含め実に良心的な一店。この人気ぶりにも頷けるというものだ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。