なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 
このレビューは移転前のものです。

「ミールスつけめん…1180円」@スパイスらぁめん釈迦 池袋店の写真2019.6.30昼4 選べる麺量は並で
昨年9月にオープンした、MENSHO代表・庄野 智治氏と東京スパイス番長・シャンカール野口氏のコラボ監修店。麺好き&ミールス好きな私には夢のようなメニューであり、本品を迷わずオーダー。しかし現実はそう甘くない。

バスマティライスから中華麺に置き換えたからなのか、単純に味付けの問題なのかは不明だが、麺以外のほとんどの品が猛烈にショッパい。塩の効いてないカレーは嫌いな私だが、そういう問題ではない程に塩気が前面に出ておりツラい。

あと、麺にカレーをかけると、ライスと違って麺がカレーをほとんど吸わないから、ターリーにカレーがドボドボと残ってもったいない。やはり麺は持ったまま、カトリの中に浸しにいくのが正解なのだろう。但しそれをやってしまうと、ターリー内で色んな味を混ぜていく楽しさを、自ら切り離してしまう事になる。

意外と盲点だった「中華麺にこのスタイルが向いていない」という根本でつまづいており、コンセプトはむちゃくちゃツボだっただけに残念。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。