なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「中華そば600円」@手打ちそば 舟越の写真地元に愛される昔ながらの食堂♥️


白鷹町廻りで米沢に向かう途中で昼食をいただきました。日付は令和元年7月25日です。お店は国道から荒砥の町中に入った先で、長井市の舟越さんと同名ですけど、関係でもあるのかな?中に入ると意外に広い店内です。メニューは蕎麦とうどんと中華のすべて麺類のみで、ご飯メニューはありません。年配の御夫婦で切り盛りしているようで、昔からの地元の蕎麦屋さんです。2階座敷もあるようで、20人までの小さな宴会も対応可能なようです。

・中華そば600円
・大盛100円

麺は中太のストレート、大盛にしたからかチャーシューは3枚も付けてくれました。チャーシューは脂身のない赤身部位であっさりな味付けです。メンマは不揃いでちょっと硬いです。スープにちょっと不思議な酸味がありました。

トータルではどうしても街場で熾烈な競争で切磋琢磨しているお店には及ばないかもしれませんが、でも、時間が昭和で止まったままの異空間で、味のある御夫婦の打った蕎麦を嗜むには良いかもしれないお店です。ここは味の優劣を競うのではなく、末永く地元に愛される昔ながらの食堂で良いと思います。御馳走様でした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

見た目凄い良いんですけど、こんな点数ですか。

すてぞー | 2019年8月10日 18:29

あからさまなネガティブコメントは書きたくないので、ずいぶん遠慮して書きました。福島の友人が美味しくないとクチコミしてから潰れたお店があり、友人はすごく責任を感じていました。クチコミは難しいですね。ちなみにこちらの酸味というはやはり発酵臭に近いかも?それ自体か、それとも匂い移りしたのか、今の時期はなかなか厳しいですよね。

モーパパ | 2019年8月11日 15:53