なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「即死(900円)」@旭川らーめん 赤とんぼの写真出張麺食第一弾。水戸の夜、知り合いに連れられて初訪問。看板には旭川ラーメンの文字。店内は町外れの中華屋風情。醤油、塩、味噌と一通り揃ってますが、目を引いたのが「即死(激辛)」。これまでも激辛メニューは幾度となく淘汰してきましたがこんなネーミングは初めてです。が、もちろん決行。味噌ベースとの事ですが、旭川(北海道)とはいえ中華鍋での調理ではありません。丼で味噌とニンニク入り豆板醤をスープで溶かす方式。確かに普通に激辛ですが、中本などに比べるとシャープでサラッとしたスープでずっしりした辛味ではありません。また豆板醤に寄った辛味なので塩気も立っています。トッピングは炒めモヤシと業販のメンマと大判のチャーシュー2枚に小口ねぎを一つまみ。麺は中太~太麺位の柔らかい茹で加減。これは一度に6杯くらい同時に調理したために、トッピングなどの手際により伸びたものと思います。ブニブニの食感はトッピングの小口ネギも相まって、どことなく千駄ヶ谷ホープ軒を彷彿しました。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。