なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「正油豚骨ラーメン」@麻布ラーメン 慶応三田店の写真さて「組織の変化」を考えていると、思いつくラーメン屋があった(笑)。アタクシがまだ若い頃にあったその「麻布ラーメン」は今とは別の場所にあったのですが、単なる小汚い小さい店でありましたが、当時東京風背脂醤油豚骨がめずらしかったのか、ちょくちょく利用しておりました。とてもゆっくりと食事をする雰囲気ではなかったのですが、今では随分と変わったもんです。久しぶりに定番のとんこつ正油をいただきました!





【スープ:意外とライトだが・・・暴力的にはいかようにも変化】

<お好み次第なライト醤油豚骨>

  昔は別の近くで立ち食いスタイルなお店だったのだが、今や家族でも入れるような店箱になったのだから、時の流れを感じるわな・・・。ニンニク効かせた豚骨醤油で鋭気をやしなった若い頃が懐かしいっす! 今となっては、ホープ軒とはまた違った豚骨醤油ぶりでして、どちからというとよりマイルドになったかというイメージ・・・。それゆえ、いろいろトッピングとか自由度を楽しめるという次第!辛もやし、刻みネギ、白ごま、コチジャン、おろしニンニクなど、好き勝手にに放り込んで好みに仕上げて行くのです。通は・・・・、サービスの白飯を、ラーメンが待つ間に辛もやしをトッピングして、ライス&もやしで食いながら待つというものらしい(笑)。店員も常連を心得たもんで、妙に半ライスの配膳が早いのなんのって。


<まったり豚骨と背脂が意外な甘コク>

  ハードにぶん回しなイメージ先行かもですが、実はベースはマイルド。豚骨と背脂と・・・・醤油ダレが甘コクとも思える一体感がナイスです。背脂のスープ表面に浮いている姿は、近くにある「ますたに」に近いものを感じます。背脂ちゃっちゃ系とは違う落ち着きですな(笑)。じっくりと味わうと、肉の成分、脂身等が甘みを添えるものだと如実にわかります。味醂系ではなく「脂が甘い」とね。今にして・・・さっぱり甘コクと思えるとは、自分の駄舌ぶりを露呈してますが、とにかく、想像以上にまったり&サッパリな東京とんこつ醤油と言えましょう!




【麺:モチモチ中太縮れが楽しい!】

  加水高めのモチモチ感覚主導で、これは広く受け入れられ易いと思える楽しい性格です。中太といわれるサイズで、しかも割と強めなウェービー。はっきりと縮れ麺と分かる風貌でして、このあたりが、東京西部エリアで広く認知されている「東京豚骨醤油系」とは個性が異なる感じ・・・。前歯の処理感は、プツプツとしたファーストインプレッションですが、その後はモチモチ!っとした奥歯感覚がナイス!表面もつるつるなので、調子をぶっこいて思いっきりすすり上げると、スープのハネが思いのほか飛び散るので注意しましょう(・・・・てオレは子供のようにスープでシャツを汚してばかり)。





【具;何気に良くできたチャーシュー】

  昔の今で違ったところは、酒系でゆっくりボックス席でまどろむことができること。ホッピーやサワー系など時間によっては半額サービスがあったり、餃子やチャーハン、生姜焼きもありますので、これはもはや、ちょっとした中華食堂です。慶応のお兄さん方も訪問されるのでありましょう。そんな早めの夜の部にビール片手に食してみたいと思える、チャーシュー。非常によく見るバラ肉ロールなのですが、周囲をみわたすと、割とチャーシューメン比率が高いことに気づきます。意外とメニュー構成の豊富さとともに、チャーシュー等トッピングの実力度も上がって来ているのかもしれません。侮れませんな・・・・麻布ラーメングループ(笑)。




  総じまして、昼間の学生とサラリーマンがごった返す田町・三田エリアの老舗「麻布ラーメン」の大衆進化ぶりは、予想以上であったという話。一部のラーメン好きにとどまらず、夜の酒系や、昼の定食系にも手を広げている次第でして、社長の野心を感じます(笑)。そんな商魂を感じつつ、アタクシは、またオフィスへと引き上げるのです・・・・・(仕事の山を想像して泣く)。なので詠います。



  つきぬける
  見上げるビルと
  空青し


  方やアタクシ
  青色吐息



 お粗末!ということで家族にも感謝しながら合掌!今日も本当にごちそうさまでした!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

コメント

まだコメントがありません。