なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「紀州鴨そば+瓶ビール(サッポロ黒ラベル)」@燃えよ麺助の写真大阪冬の陣2

京都でナイスな直系二郎をいただいた後は,大阪に舞い戻る。
京阪本線と東西線を使い,新福島へ。
狙うは,大阪ランキング2位,全国ランキング8位まで食い込んできたこちら。
店舗情報によると日曜は16:00まで。
到着は15:30頃だったので早仕舞があったら……と不安になったが,暖簾がかかっているのを確認し,... 続きを見る

投稿(更新) | コメント (16) | このお店へのレビュー: 1件

「特製紀州鴨そば+イベリコ豚チャーシュー」@燃えよ麺助の写真券売機をみるとなんと特製紀州鴨そばもイベリコ豚チャーシューも残ってました(^-^)
着丼後、写真を撮るとなんか違和感あったのでよくみたらなんと極太メンマが入っておりませんでした。。。(泣)
あれ?スープも麺も前よりインパクトが弱くなってる感じがしました。
チャーシューは炙り過ぎもなく、丁度良かったです♪
ご馳走さまでした!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 15件

「特製金色貝そば 990円 + チャーシュー丼 350円」@燃えよ麺助の写真福原から移動し、大阪で一杯。
麺友さん達のレビューを拝見し、予てより狙ってたコチラへ。

店名のおふざけな響きからネタ的な?と少しは疑ってたが、トンデモなかった。


ふふん。
その瞬間の嗜好というの、あると思うんだな。
例えばその前に何喰ってたとか、どんだけ腹減ってるとか、喉渇いてるとか、暑い・寒いとか、体... 続きを見る

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「紀州鴨そば」@燃えよ麺助の写真大阪大学での会合後、梅田から歩いてこちらへ。お隣の駅である福島駅からすぐなのだが、梅田から歩いても15分ほどで到着する。既に10人以上の行列。しかし、30分ほど待って入店した。

食べたのは、紀州鴨そば 870円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/77979320.html

麺は、... 続きを見る

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「味玉金色貝そば」@燃えよ麺助の写真貝が前面に出て旨味も強いが若干貝のクセがあるかも。
でも貝好きなら問題のないレベル。
麺はやや加水低めに感じる中細麺。
チャーシューは薄いながらも量もあり満足のできるレベル。

平日夜でも行列で人気があるのがわかる。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「味玉紀州鴨そば」@燃えよ麺助の写真鴨の味がおいしく、スープも飲みやすいあっさり系です。
店内はオシャレで、接客もラーメン屋とは思えない丁寧な対応でした!
人気店だけあって人も多く、行ってみる価値はあると思います(^o^)

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「味玉紀州鴨そば 970円」@燃えよ麺助の写真RDB総合9位
RDB大阪2位

外待ち中待ちを経て着席。

男性スタッフが厨房に4人。
年上な女性スタッフが案内係りで1人。

ピリピリとした空気。張り詰めた緊張感。

店主さんかな?リーダーらしき方は若いから気合いが入っている。色々な指示出しも強め。特に男は見た目、年齢があり... 続きを見る

投稿(更新) | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件

「味玉紀州鴨そば970円+二度漬けネギ焼き50円」@燃えよ麺助の写真フレンチの厨房に立っていてもおかしくない店員さんたちの立ち居振る舞い、店内の清潔感と活気、提供される一杯の品質の高さ。どれをとっても、全国屈指のラーメン専門店とわかる。ラーメン専門店というよりも、ラーメンのみを提供するレストランというべきか。
 鴨だしの濃厚なスープ、小麦粉の香りがする細麺ともに、とてもおいしい。特にスープには感心する。ほのかな鶏くささと醤油の香ばしさがなんとも絶妙。塩加... 続きを見る

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「味玉紀州鴨そば」@燃えよ麺助の写真特製紀州鴨そばもイベリコ豚チャーシューも売り切れ(泣)
今回の女性店員さんがテキパキとやってくれたので気持ちよく並ぶ事もできました☆
近藤さんいわく名古屋コーチンを増やしたようです
味玉紀州鴨そばの券をポチ!
今回はグループで行ったので、混雑により分かれることになったが、女性店員さんちゃんとオーダー内容を確認してました☆
スープ... 続きを見る

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 15件

「味玉紀州鴨そば」@燃えよ麺助の写真器が到着した瞬間から香りがやってきて食べる前から期待感が凄い。
鴨・鶏・魚介で構成されたスープは鶏鴨の動物系が優勢、醤油は香り良く甘味を感じさせ、非常に塩気が柔らかい。
麺を啜ると出汁の旨さと麺とスープの香りが合わさって入ってきて何倍にも厚みが増す。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件