なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 
2018年10月7日の大崎裕史の今日の一杯

茨城県つくば市

つくば駅から2.3km。これでつくばエクスプレス沿線と言っていいかどうか微妙な距離だがラーメンデータベースで茨城県ダントツ一番人気の店がここ「イチカワ」。私はタクシーで行ったがそうしてまで行くべき店なのだ。今、都内で流行っている煮干し系の多くはこの店の影響を受けている。「和え玉」(替え玉の進化系で麺とタレを和えて出すのでそのままでも食べられるし、スープに入れて食べても良い)の元祖(ここが最初)なのでメニューに「和え玉」がある店はほぼ、この店を崇拝している人。ラーメン店にも多大なる影響を及ぼしているが食べる方も一時間以上並んで食べている。これはもう「煮干教」である。(煮干狂とも呼ばれる)
とにかく「煮干しラーメン好きの聖地」でここに行かずして煮干しを語るな!的存在である。料理人からするとこの煮干しの効かせ方は尋常ではない、と思われるかもしてないがラーメンはフリーダム。お客さんがうまいと思ってもらえるならそれは一つの正解。そしてそれがここにある。もはやつくば市民だけではなく、首都圏のラーメン好き、いや、全国の煮干しラーメン好きが食べに訪れている。つくばと言ったらこの店は欠かせないのだ。
※10/6−8、研究学園駅前で「つくばラーメンフェスタ」開催中!

お店データ

煮干中華ソバ イチカワ

茨城県つくば市天久保2-9-2 リッチモンド二番街 A101

動物系の出汁を一切を使用しない煮干100%の「純煮干ソバ」、煮干に鶏・鯖をあわせた「煮干ソバ」、鶏白湯に煮干しスープをあわせた「特濃煮干ソバ」を提供。

大崎裕史

(株)ラーメンデータバンク取締役会長。日本ラーメン協会発起人の一人。東京ラーメンショー実行委員長。1959年、ラーメンの地、会津生まれ。広告代理店勤務時代の1995年にラーメン情報サイト「東京のラーメン屋さん」を開設。2005年に株式会社ラーメンデータバンクを設立。2011年に取締役会長に就任。「自称日本一ラーメンを食べた男」(2015年12月末現在約23,000杯実食)として雑誌やテレビに多数出演。著書に「無敵のラーメン論」(講談社新書)「日本ラーメン秘史」(日本経済新聞出版社)がある。