なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 
2015年4月26日の今日の一杯

東京都新宿区曙橋

明日4月27日(月)にグランドオープンする「鯛塩そば灯花」

場所は都営新宿線の「曙橋駅」と東京メトロ丸の内線の「四谷三丁目駅」のちょうど中間。(坂はあるが、若干、曙橋駅からのほうが近い)
こちらは、すぐ近くに(というか、すぐ見える)場所にある「塩そば灯花」のネクストブランド。

店内は和食割烹か、甘味処を思わせるような内装で、和装の制服も余計にそれを感じさせる。

写真は鯛塩そば(780円)

店名にある通り、愛媛県宇和島周辺の黒潮による絶好の環境で育った「鯛」のアラをふんだんに使用し、決して白濁させることなく丁寧に丁寧に旨味を抽出した黄金色の清湯スープと、店主厳選の佐賀玄界灘産の塩を合わせた塩ラーメン。
動物系を使わず、また、油分も使っていないので、とても繊細の味わいで、三河屋製麺の細麺との相性は言わずもがな。大変美味しい。

秀逸なのが、麺を食べ終わった時に追加オーダーして欲しい「本格胡麻鯛茶漬け」(320円)

そのまま食べても美味しい鯛の刺身と、店主特製のゴマダレ、わさび、玄米あられ、あさつきを乗せたご飯の上に、先ほどの鯛出汁スープをかけて入れれば、高級感溢れる茶漬けで〆られるので、かなり満足度が高い。

総額1,100円が「高い」と取るかは、この茶漬けをまず食べてから判断して欲しいくらいだ。

ラーメンは大衆の食べ物ではあるが、この贅沢さがこの価格で味わえるのはこれもまたラーメンの良さだと思う。

※なお、27日(月)と28日(火)は夜のみの営業、29日(水・祝)はお休みのため、注意が必要

お店データ

鯛塩そば 灯花

東京都新宿区舟町12-13 石原ビル1階(曙橋)

近くに店舗を構える「塩つけ麺 灯花」が手がけるお店。出汁には贅沢に愛媛県宇和島産の真鯛、佐賀県玄界灘産の塩を使用。