なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 
2015年4月27日の今日の一杯

東京都国分寺市国分寺

4/14オープン。府中の人気店「麺創研かなで 紅」が「麺創研 紅 国分寺店」の名で「国分寺にオープンした。場所は「つけ麺 紅葉」、「らーめん春樹 国分寺店」の並び。ラーメン店が多いこのエリアにラーメン店が3店連なった形となっている。

現在は夜のみ営業。真新しい店内、奥に長いカウンター、ステンレス製のキッチンとカウンターの輝いている。この日は10人程度の待ちが発生。店内にウェイティング用のベンチがあり、ちょうど10人程度は座れるようになっている。しばし待ち、席につく。

メインメニューの「紅らーめん」に後ろ髪を引かれつつ、今回は国分寺店限定の「紅まぜそば」(800円)をいただいた。

見た目や刻みニラや付属するライスなど、名古屋のご当地「台湾まぜそば」を意識していると思われるが、タレの味は台湾まぜそばのそれと比べると意外とまろやか。辛味もありピリッとする。

麺は「紅らーめん」でもお馴染みの7種の太さの麺が入り混じった乱切り麺。改めて汁なしでこの麺をいただいてみると迫力がすごいと。歯ごたえもちょっとアゴが疲れるくらいある。麺を食べ終えたらライスを投入しいただいた。うーん鉄板の旨さだ。

食べ終わっても次から次へと入店し、客足は途絶えない。独特な形状のカウンター下の荷物置きスペース、オペレーションなど随所にこれまで府中で培ってきたのノウハウを感じられた。

お店データ

麺創研 紅 国分寺

東京都国分寺市本町2-2-15(国分寺)

府中の「麺創研 紅-KURENAI-」の支店。7種の太さの極太乱切り麺 辛味噌をコンセプトにしている。「紅まぜそば」は国分寺店限定。

このお店の他の一杯