なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「スタみそ ※野菜:大 にんにく・背脂:普通 +味付玉子:㋚券」@麺匠 真武咲弥 松本店の写真10月某日、夜、朝イチで名古屋出張から帰ってきたので、早めに仕事を切り上げ、一旦帰宅後、「シネマライツ」に「ジェイソン・ボーン」を鑑賞に。例によってアドレナリン爆噴出で腹が減る。そこで夜ラーを食っていく。

久しぶりにこちらの味噌が食いたい気分になったからして突撃する。北海道発祥で、その後東京・渋谷や各地に展開しているチェーン店。何でも店主は信州出身と言う事で、長野県の1号店となる。

21:05着、先客2名、カウンター席に着座、後客9名。早速メニュー検討、すると別メニュー(メニュー写真)で「にんにく・脂を使ったスタミナ料理が新登場!!」と言う‘スタみそ’(850円税別)発見、美味そうなのでイッテみたい。

こちら野菜(キャベツ・もやし)とにんにく、脂が増量出来るという事で、「野菜 大」「にんにく・脂普通」で、更にはいつものサービス券で「味付玉子」をオーダーする。早速おねーさんがお手拭きを手渡しサービス、何気に良かったりする。厨房では度々炎が上がる。これもウリの炙り味噌なのか?そして待つ事13分、着丼。

ビジュアルは、サイコロチャーシュー10個ぐらい、増量となった野菜(キャベツ・モヤシ)、刻みニンニク、背脂、そして半味玉2個が、味噌スープに乗っている。見た目、J系で、それにしてもニンニクが多いではないかい。ここで一抹の不安がよぎる。

スープから。おそらくこちらのウリの「北海道赤みそ&信州白みそ」がベースと思われる味噌スープは、ほんのりと甘みがあり、塩分濃度は適度で、意外とあっさり。炙りの香ばしさは我が駄舌では判らぬものの、味噌の風味はそこそこ立っている。そこに天地返し後にニンニクと背脂が干渉し出すと、途端にパンチある味噌スープに変貌。デフォでも多めのニンニクがビンビンと強めに効き、プルンプルンの背脂でガッツある味噌スープはなかなかの破壊力あり。

麺は断面四角ながらもエッジの取れたちぢれのある極太麺。こちらの「炙り味噌ラーメン」よりも極太で差別化されている。茹で加減丁度でモチリモチリとした食感であるが、ややヌメりが残っている。二郎インスパとしてはもう少し硬めでもイイ。麺量はデフォでも満足出来る量。

具のサイコロチャーシュは、弾力のある豚ロースチャーシューのコロチャー。ゴロゴロと入っており、薄味付けでなかなか美味い。野菜(キャベツ・モヤシ)は「大」としたおかげで、野菜好きには満足の量。キャベツは甘味がある。モヤシはシャクシャクで味噌との相性良好。刻みニンニクはこれで普通か?と思えるほどのどっさり鎮座。かなりのニンニクパンチを繰り出して来る。ヤバい!背脂もたっぷり、「セアブラー」としてはウェルカム。甘味があってイイね。半味玉はしっかりと味の滲みた美味いモノ。

スープはニンニク危険水域に達しているので残念だが少しだけ残し。久しぶりに突撃した味噌に拘るこちらの店での「スタみそ」、どうやら「高宮店オリジナル」という事であるが、デフォでもニンニクのガッツリと効いたスパルタンなJ系味噌ラーメンで、ガッツリとスタミナ補給十分な一品。かなりの口内ニンニク悶々となっているので、帰宅後はコワいヨメを避けて早々に就寝。

夜中に誰かの苦しそうな呻き声にふと目が覚めると、ガンガンとMAXで空気清浄機が作動している寝室のダブルベッドの隣にはマスクをかけ「クサい、クサい、、、」とうなされている妻の姿があった、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 11件

コメント

まだコメントがありません。