なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「炙り味噌ラーメン ※生姜増し5倍 (麺大盛り) +味玉:㋚券」@麺匠 真武咲弥 松本店の写真12月某日、昼、本日は午前中は内勤、そしてチョイと倉庫に向かう途中で昼ラーとする。いくつかの候補の中から味噌ラーメンが食いたい気分であったので突撃したのはこちらの店。

こちら札幌味噌ラーメンがウリの「真武咲弥」のチェーン店。その前身である「麺武 虎龍」で修業した信州出身の店主が昨年夏に長野県1号店としてオープン、麺も北海道直送と言う事で、味噌ラー好きには要チェックの店である。

11:40着、先客8名、カウンター席に着座、後客7名。早速メニューを検討、ここは店のウリである‘炙り味噌ラーメン’(750円税込)をイッテみる。例によって「麺大盛り」(100円)で、更には「FREE BOOK」の100円トッピングのサービス券が使えるようになったので、「味玉」で。

更にはこの「炙り味噌ラーメン」、トッピングの「生姜増し」が「2倍」「3倍」「5倍」増しが出来るので、寒いからしてHOTにイキたく「5倍」でオーダーする。例によってカウンター越しには「炙り」での炎が立ち昇る。炒めの音と共になかなか豪快である。そして待つ事5分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー、メンマ、モヤシ、タマネギ、刻みネギ、増量なったおろしショウガ、そして半味玉2個が、味噌スープに乗っている。

先ずはショウガを溶かす前のスープから。例によってスープは結構アツアツ。ガラだしでそれなりの動物系のコクあるスープに合わせられた味噌ダレは「北海道赤味噌」と「信州白味噌」メインのブレンドと言う事でサラリ系ながらもコクがある。「炙り」での香ばしさは「焦がし」まで行かず、適度な味噌の旨味と甘味が出ている。ほんのり香るニンニクは穏やか。スープ底には微量の挽き肉も認められ、コク出しになっている。

そして多めのショウガを溶き入れる。正直、ショウガのフレッシュ感は薄目であるが、ショウガの風味が味噌スープに拡がり、ショウガスパイシーな味わいが先行してくる。デフォに比べると明らかにショウガパンチは増すので、冬にはイイ感じ。なかなか美味い味噌スープである。

麺は断面四角でちぢれのある太麺。玉子麺らしく黄色味がかった麺は札幌「小林製麺」と言う事。茹で加減やや硬めが良く、プリプリとした食感がイイ。味噌スープとの絡みも良好。なかなか美味い麺である。

具のチャーシューは、豚ロースチャーシューか?柔らかな肉質感があって美味い。メンマはやや甘みのある味付けで、サクサク美味い。モヤシとタマネギは炒められてある。モヤシはシャキシャキの歯応えが残り、味噌には欠かせないアイテム。タマネギも甘みが出ていて美味い。刻みネギの薬味感はまずまず。おろしショウガは増量とした結果、前述の如し。味玉は黄身が濃く、ほんのり甘みが滲みた美味いもの。

スープ完飲。味噌ラー大好きオヤジとしては重宝するこちらの店、今回はウリの「炙り味噌ラーメン」を生姜増し5倍でイッタのであるが、炙りのコクある味噌スープとも相性良く、冬向きにはおあつらえ向きのホットなアイテム。チャーシューに乗ったショウガがこの味噌ラーメンのトレードマーク、今回はたっぷりとジンジャーテイストを楽しめた、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 11件

コメント

まだコメントがありません。