なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「ラーメン(600円)」@香福の写真1/1(日)10:20 前0後9 

元旦は10:30からとのことだったが、10分前に到着すると暖簾がかかっていたのでそのまま入店。

淡い色合いのスープを啜ると、魚介の旨みが前面にでたスープで、動物系は目立たない。喜多方は動物系をしっかり効かせた味わいが多かったので、ある意味新鮮。旨みの出方は、無化調かと思うほど繊細なタッチでじんわり響く。動物系が強くない分、やや線の弱さが感じられるが、味わい自体は悪くない。まだ新しいお店のようなので、これから厚みがでてくるだろう。醤油だれは全く尖りがなく、塩分濃度は適度。飲み干してものどが渇くことはなさそう。あっさりしているので朝から食べてももたれることはないのは喜多方らしい。

太麺やや平たい縮れ麺は、腰があり、喜多方にしては強めの歯ごたえ。つるつるプリプリした多加水な感じは定番でいい。

具は、刻み葱。薄い味付けのメンマ。脂身が少しついたチャーシューが4切れ。1枚は分厚く、ほかは中薄。歯ごたえがありつつもパサつきはなく、味が浸みまずまずおいしかった。

老舗が多い中、珍しく若い男女による真新しいお店だが、地力を感じさせた一杯だった。

ちなみに、大晦日に年越しラーメンを振舞っていたラーメン神社内の掲示によるとこちらは坂内食堂の出身とのこと。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

こんにちは。

喜多方で年越しですか!
羨ましい正月ですねー(^^)

酒乱 | 2017年1月3日 12:22

酒乱さん、こんばんは!

喜多方は大晦日や、元旦でも営業しているお店が何店かあるし、
朝から食べられるので、ラオタにとっては理想郷のような場所です。
たっぷり満喫しました。

なまえ | 2017年1月5日 19:27