なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

22:30頃訪問。店外待ち5名に接続し、暫く待ってから入店、着席する事が出来た。地下1階にある店の中は狭く、1人ずつ仕切られた1列のカウンターのみが設けられている。数名の店員さんによる切り盛りで、接客は良好。

本メニューを選択。好みを書き入れるシートには、麺「超かた」、後は概ね普通にマークして提出。
さほど待たずに配膳された。

スープは乳化が進んでおり、程々に茶濁。軽いトロみも感じられる。
飲んでみると、豚骨の出汁感は十分に濃厚。甘みも感得されて実に豊潤な味わいに仕上げられている。それでいながら、過度のクセはキッチリと抑え込まれている。脂分も少なくないが、良質のもののようで、過度のクドさ、重さは感じられない。豊かな出汁感に、さらなるコクを付与しており絶妙だ。
タレの立ち方は丁度良いレベル。過度のトガりは抑えられつつも、濃厚な豚骨出汁に負けないだけのキレを生み出している。さらに化調が強めに効いているようだが、味の厚みを補強する役割を果たしており、個人的にはウエルカム。
「秘伝のたれ」は、基本の量にして正解だった。あくまでも程好いアクセントというピリ辛感が丁度良い。
ただ、有料で頼んだ追加にんにくは、小皿に入れられた少量のおろしニンニク。この値段設定はちょっとありえない。

麺は、軽くうねりを帯びた細麺。
食べてみると、期待通り相当な硬さ。しっかりとしたコシと歯応え。小麦感が非常に強く、噛み切る際に感じられるネッチリという感じの質感が快感。咀嚼と喉越しを存分に楽しむ事が出来る。勿論、スープとの相性も申し分無し。
量は少なめ。夜食として丁度良い程度。

具として、チャーシューは、薄いロース肉が2枚。適度な食感、味付けで美味。
他には青葱のみ。
シンプル極まりない構成だが、これはこれで完結しており、個人的に、さほど不満は覚えない。

チェーン店の豚骨ラーメンとしては抜群の旨さだが、内容と量を勘案すると、全体的に値段設定が高過ぎるのがネック。その点を加味してこの点数。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。