会員情報流出によりご迷惑をおかけしております。 パスワードのリセットをお願いいたします。
なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「和風ゆず塩つけめん」@麺屋彩月の写真6月2日に訪問。
つけ麺が食べたくなり、偶々近くを通りかかったので久々に寄ってみました。

しばらく来ないうちに食券制に変わっています。
しかしながら、こちらのメニューはかなり細分化されているので、以前のように席でそれぞれの違いを吟味しながら選ぶ方が向いているように思います。
初めての方は違いが分からず困ってしまうのではないでしょうか。

今回は和風ゆず塩つけめんをチョイス。大盛りにしようかと思いましたが、具体的な量の記載が見当たらなかった為、様子見で中盛りの食券を購入しました。
価格は950円です。

店員さんに食券を渡し、10分弱でつけめんが到着。

心配していた麺の量は、後からこちらの店舗情報で確認したところ、中盛りで200g弱と少なめでした。
麺は全粒粉入りの細縮れ麺が使用されています。
味や食感、弾力にこれといって際立った特徴がなく、主役ながら印象が薄かったです。
強いて言えば常温水で締められているので、冷水に変えた方が良いかと思います。麺のコシが強くなるのと、常温だとただ水っぽい感じになってしまうので、それも改善されるかと思います。

スープは塩分濃度が高いので、出汁感はラーメンと比べて抑えめです。
また、細く切られた柚子の皮がたっぷり浮かべてありますが、麺をつけると一緒に絡んできてしまいます。
そのまま食すと最後に皮が口に残り、苦味が広がって正直不快でした。柚子の風味や香りだけを活かした使い方をしてもらいたいです。

麺の横に添えられた具材はチャーシュー、メンマ、白ねぎ、半熟玉子、キャベツの5種。
チャーシューはローストタイプ?でしょうか。冷たいままでも肉の旨味がしっかりしています。
メンマはしんなり系ですがいい味が染みていました。
半熟玉子もトロトロの黄身が抜群の美味しさで、具材の中で1番のお気に入りです。
白ねぎもスープと良く合います。
キャベツは軽く湯通しされただけの特に味付けはされていないもので、個人的にはなくてもいいかと思いました。


総じて、味自体は悪くないと思いますが、改善した方がいいのではないかと思う点が目立ちました。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

コメント

まだコメントがありません。