なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

開店時間11:30の5分程前に到着し、先待ち3名に接続。後続は多く、すぐに店外に行列が発生していた。店内は小ぢんまりとしており、厨房に対面する短いカウンターと2人掛け用のテーブル席1つのみが設けられている。若干の窮屈さはあるが、居心地は悪くない。男女各1名による切り盛りで、接客は非常に良好。

限定となる本メニューを選択。暫く待って配膳された。

麺は、軽いうねりを有する真っ白い平打ち中太麺。
食べてみると、茹で加減はやや柔らかめだが、一定レベルのコシ、歯応えは残されており文句無し。モチモチ食感が強く打ち出されており、咀嚼と喉越しを存分に楽しむ事が出来る。本メニューに於けるマッチング性も申し分無し。
量は、汁無し系としては少なめ。自分には程好い満腹感が得られたが、サイドメニューが必要になる人も多そうだ。

タレは、白い皿の底に溜まっているが、やや少なめ。
よく混ぜてから食べてみると、ベース部分はオーソドックスな油そば的な組み立てとなっており、醤油ダレのキレと液体油のコク、コッテリ感がバランス良く絡み合う。ただ、特にアブラの上質感を伴うまろやかな味わいが素晴らしく、クオリティの高さは全く「普通」では無い。飽きの来ない旨さには感嘆すら覚える。
そして、そこに後述の具の味わいが加わる事により見事に完結。味変の必要性は全く覚えない。

具として、辛鰯節は、辛さよりも山椒の麻が前面で感じられる。ただ、その主張が強過ぎる事は無く、全体に於ける程好いアクセントというレベル。他要素をスポイルしていないのが嬉しいところだ。
チャーシューは、細長くカットされた低温調理によるロース肉。シットリと柔らかく控えめな味付け。非常に美味。
味玉は、黄味ネットリの仕上がり。濃厚にしてまろやかな味わいは見事の一言に尽きる。
刻まれた紫玉葱は、風味と食感の両面で非常に良いアクセント。
他に、細かい揚げ葱、刻み青葱、中央に乗せられるカイワレと糸唐辛子。

丹念に作り込まれた上質感溢れる味わいをベースとしながらも、程好いアクセントが付与された一杯を、大いに楽しむ事が出来た。店の創作意欲、実力は相当なもののようで、限定メニューの多彩さも驚異的。近所にあれば、通ってみたくなる魅力を有する一店。この人気ぶりにも頷けるというものだ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。