なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「限定/イノシシらーめん+味玉+大盛り+たまごかけご飯」@初代青樹の写真今回訪問:2019/9/5

ショートスパンでの再訪です。それもそのはず、ここ初代青樹に再び猪が現れたからです。
前回逃してるだけあって、リベンジしないわけにイカンでしょ。

19:57入店 先客6(後客5)
はい~、セーフ。売切れ前に間に合いました (´∀`)ヒヒヒ

「限定/イノシシらーめん」1100
「大盛り」100
「味玉」無料※クーポン使用
「たまごかけご飯」120

本店も含め1000円超えするメニューってのは珍しく、猪ってよっぽど高価な食材なんだと思い知らされます。
その辺の山に行きゃ、猪なんてそこら中に居るもんだと思ってましたけどね。(実際いるし…)


◆限定/イノシシらーめん+大盛り+味玉

奇を衒ったものではなく、清湯系の中華そばスタイルで登場しました。刻みタマネギが乗ってるあたり、八王子系を意識してるのでしょうか。

スープは、アッサリしつつもシッカリした口当たり。告知通りの力強いスープで、自分好みの味加減で凄く美味しい。
だけどですよ、獣臭は一切感じないし独特の癖があるかと言うとそうでもない。正直なところコレが猪と言われても、実際そうなのかよく分からないですね。

やや細のストレート麺は、レギュラーと同じもの。「あっさり煮干し」がそうだったように、清湯系スープに良く似あいます。

トッピングは、猪チャーシュー・豚チャーシュー・メンマ・刻みタマネギ・みつば・味玉。
猪チャーシューは、ギュッと詰まった肉質で噛み応え十分。やはり実際は癖があるのか、濃いめの味付けが施されていました。あえて豚バラチャーシューを添えきたのは、猪肉のこの硬さを実感させるためだったんですね。ちょいと顎が疲れますが、肉肉しく美味しいチャーシューでしたよ。


◆たまごかけご飯

溶き卵に猪チャーシューと猪スープを加え、煮干しごはんにドバーっとかけちゃいます。猪と煮干しのコラボですね。
しかし、煮干しの圧勝でした・・・


美味かったことには変わりないのだが、猪は思っていた以上に優しい(味の)生き物だった。
肉を喰ってこそ、その良さが分かるってもんです。


★詳細は、blog「麺のすゝめ」にてご確認下さい!
http://www.mennosusume.net/archives/38455359.html

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 7件

コメント

まだコメントがありません。