なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「油そば(大盛)」@中華料理 丸善の写真061007午後
亜細亜大学のそばあり、油そばの元祖「珍々亭」のすぐ近くにあることから、通称「裏あぶら」と呼ばれる店。場所は住宅地の非常にわかりずらいところに、ひっそりとある。店内はカウンター8人程、テーブル4人という狭い店。壁一面にはジャイアンツの木佐貫投手や亜細亜大野球部員、亜細亜大駅伝チーム、アルピニストの野口健さんなどの写真がびっちり。長年亜細亜大体育会系学生の胃袋を満してきた店ということがわかる。
客は私ひとり。ご主人、奥さんと、西武VSソフトバンクのプレーオフをテレビ観戦をしなが舌鼓を打つ。何とものんびりとした土曜の午後だ。
さて、運ばれて来た「油そば」は細い縮れ麺。太麺が多い油そばとしては珍しい。麺はサッポロ製麺ということだ。
例によって、ぐちゃぐちゃに混ぜ、喰らう。胡麻油の香りが良く、細麺に絡みつき旨い。麺が合わないのではと思ったが、そんなことはなく十分美味しい。更にラー油と酢を1回まわしかけ食べると、ますます旨い。
具はメンマ、ワカメ、チャーシュー、モヤシ、ネギと入っているが、どれもアクセントとなり、調和が取れている感じだ。
途中電話が鳴り、ご主人が出前に出かけた。ほとんどが亜細亜大学からの出前だと言う事だが、懐かしい風景だ。
この店は「珍々亭」の陰に隠れてしまっているが、油そば好きは訪れても損はないと思う。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。