なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「中華そば(中)・・・・・770円」@もちもちの木 白岡店の写真2010/10/15

 もう、何年も前から先輩に、「白岡のもちもちの木を食っていないのに、ラーメン語るんじゃねぇ。」と言われていたんだけど、白岡に行く用はないし、食べる機会など皆無だなぁ・・・と思って記憶の中から消し去っていたお店。
 今回たまたま、埼玉の羽生に転勤になって、加須に住む部下に、ここの話をされて思い出し、行ってみた。

 僕のラーメン探しの旅は『塩』なので、僕のあまり好きではない醤油しかないこの店は不安だったけど話に聞いた通りだった。

 まず、おしゃれで綺麗なお店。少し店内が暗すぎだけど。
 届いたラーメンは、茶褐色で店内の暗さで、あまり美味しそうなビジュアルではない。
 葱、チャーシュー、穂先支那チク、のシンプルな具材。

 いつものように麺を混ぜ混ぜしてスープを一口・・・・あっちー!!!
 噂通りにほんとに熱い!そして麺まで熱い。
 魚介の効いたスープにストレートの細身の麺はバランスばっちり。
 僕の嫌いな醤油ラーメンの独特の醤油臭さはない。兎に角、美味い。
 穂先支那チクは言うまでもなく美味く、見た目貧弱なチューシューは美味しいけど、ちょっとしょっぱく味付けし過ぎかな?でも美味しいからいいけど。
 僕は余程の事がないかぎり、スープはどんぶりを持って飲み干すので、この熱々のラーメンの仕組みがわかった。
 たぶんだけど、「土鍋ラーメン」なのだと思う。このどんぶりが特殊な土鍋の造りになっていて、このまま火にかけているのだと思う。
 というのは、どんぶりを持ってスープを飲み干した時に指がどんぶりの底の丸い部分に触ったとき、そこだけが異常に熱くなっていた。

 総合的には、遠くまで来た甲斐あっての、極旨醤油ラーメンでした。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。