なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「三種の煮干そば」@マル寛そばやの写真店名から、青森的なものを想像しつつ今回初訪問。

店内は8割程の入り。三種の煮干しそば800円を注文、提供まで30分程度。
店員さんから「煮干が沈んでいるから、良く混ぜて」との由。

煮干しの香り強く、また、丼の表面には背脂が浮いて濁っています。
店員さんのいうとおり、麺を天地返しすると黒い粒が麺にまとわりつきます。ミキサーされた煮干しでしょう。
これだけ煮干が使われていたら、苦味とか生臭さがでそうなものですが、煮干しは意外と醤油と調和。そして背脂故か調味料故かどことなく甘味を感じられる、そんなスープです。
チャーシューはツナっぽい食感の厚い肉片が2個。芯が冷たい。
麺は太さ普通で色白、やや柔目。食の後半にはまるで砂のように煮干し粉が沈んでいる事に気づきます。レンゲ3杯分位はありました。

3種が何なのかはもちろんわかりませんw
単純に、味的に自分の好みに合うのですが、温度がぬるい。肉の影響だと思われます。それがもったいない。本当にもったいない。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

新規登録&レヴューお疲れさんです。
うわ、ニボシストとしてはこれは食べてみたい!
問題はどうやってここに行くかなわけだが。

スーパーくいしん坊 | 2012年3月1日 20:43

独自性の高い品なのか?東京などの有名店の煮干に例えられる品なのか?
そこら辺がレビューとしては不足しておりますなぁ
私の近所には無いですね。ど煮干とも違うし。

東北道白河以北無料措置が終わると、この辺を訪れるのは私としても簡単ではなくなりますなぁ。

| 2012年3月3日 22:49