なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「イカ墨ブラックマヨネーズまぜ麺800円+チーズ50円」@フジヤマ55 KOFUバイパス店の写真通称ブラマヨ!

今回は 「フジヤマ55」 さんに訪れ、表題のコレを頼みました。
券売機の前で、どれを食べようか思案してると、これが一際目に留まったんですよね~。
フジヤマさんは以前、長野県の松本市にも支店がありましたが、無くなってしまったんです。
なのでなんだか久しぶりで懐かしい。
店内は黒を基調とし、シックで落ち着いた雰囲気です。女性二名で切り盛りされてました。
着丼までは9分。

さて、やってきたまぜ麺の具。
ゴロチャー、ゴロメンマ、千切った海苔、イカフライのお菓子?、割いたカニカマ、茹でキャベツ、トッピングしたチーズ(別皿)、
そしてマヨが掛かっております。早速まぜながらの実食。

まず感じるのはタレの旨味。コクがあり、またしつこさのないよい甘みがあります。そこにイカ墨の深みが加わり、
味に奥行きさが足された仕上がりですね。このタレは中々に秀逸で美味い。特に甘さの効かせ方は嫌みがなくて良かったです。
また、ピリっとした辛味が効いており、そしてこの辛味が全体をまとめあげ、言わば 「アマ・ウマ・ピリカラ」 の
三拍子揃った味わいが押し寄せてきます。それでいてタレと麺がネットリと絡むので、一体感の醍醐味も味わえました。
あとゴマ油も投入されているようで、それほど押してくる訳ではありませんが、その風味が心地よく感じ、
違和感もたいしてありませんでした。

それからマヨ。見た目では多めにかかっているように見えるので、全体に対してかなりの影響を及ぼしてるのかなと思いましたが、
案外丁度良いくらいの量。このマヨの酸味と、イカ墨のいい意味での磯臭さが非常にマッチしています。
何より、このマヨはネットリ感を補うのにも貢献してますよ。

麺は角ばった太い麺。ツルツルしていてモチっとした歯ごたえが良い物。コシも弾力もそれなりにあります。
しっかりとした旨さを醸してる麺です。

具のゴロチャーは柔らかい仕上がり。肉の味も抜けてなく、細かいながらもその美味しさを十分発揮してます。
ゴロメンマやキャベの歯応えのよい食感はやはり合っていますね。キャベツに到っては、いい箸休めにもなります。
カニカマはあまり存在感は感じられませんでした。
それよりも、存在感があったのはこのイカフライのお菓子?。ポリポリとした食感がよいアクセントになってます。
まあ、ちょっとだけ浮き気味に感じましたが、その発想は斬新で面白い!

それからトッピングしたチーズ。相性的には悪くはなかったですね。あとコチラでは生卵が無料なので一つ頂戴し、
黄身を落として混ぜてみました。マイルドさが加わって、こちらも悪くはなかったです。
そして最後は卓上のポットに入っている魚介ダシでスープ割り。イカ墨ソースに魚の風味がフワッと足され、意外とイケました。

全体的に見ても中々個性的なまぜそばで、味わいも見た目もそれなりのインパクトがありましたね。
まあ最初の着丼時は、結構無難にそして上品に収まってるのかな~と思いましたが、イイ意味で裏切られました。
それに、まぜまぜした時のイカ墨のグロさが、逆にギャップになって良かったです。
このイカ墨のまぜ麺は一食の価値はあると個人的には思います。というか、また長野県にもお店を復活させてほしいですよ。

御馳走様でした。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

おはようさんです。
昨日からの流れで計画的なジャンク攻めですね。
なかなかグッドなコース設定ですね。
今度、まんまパクらせていただきます。(笑)
しかし、このまぜ系も旨そうですね。
最初の見た目とのギャップを持たせる辺が只者ではないですよね。
それだけにKUMENさんの閉店は残念でしたね~。

5656 (活動超停滞中) | 2012年7月6日 06:32

>5656さん、コメントありがとうです!
 このまぜ麺は、インパクトある味わいで意外と手が込んでましたよ。
 このメニューをセレクトして良かったと思えた仕上がりでしたね~。
 まあおっしゃる通り、松本市にあったお店を閉められたのは残念です。

長野せーは | 2012年7月6日 23:10