なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「チャーシュー麺」@ラーメン 將陽の写真2013年2月20日訪問
西大路沿いの店。今回初訪問。
店内は女性スタッのみ。2-3才の小さい女の子が人形で遊んでいます。どうやら一家で運営されているようです。古くからのスタイルで、カウンター席と上がり卓袱台の席が2セットあります。
メニューの中心は醤油ラーメンのようですが、ベジポタつけ麺も用意されているようです。
本日はチャーシュー麺をオーダー。
店内には漫画が充実していて、ついつい「ウシジマ君-第1巻」を手にしてしまい、読んでしまいました。ウシジマ君がパチンコに熱狂する主婦に1日3割の利子で金を用意するとこいらで配膳。

スープは黒っぽい、新福菜館のような風貌です。麺は細麺です。京都に良くあるスタイルで、丼の周囲にチャーシューが盛りつけられており、花弁状になっております。その花弁のなかに黒いスープが湛えられ、中央にねぎの山が配置されています。
麺はスープによく絡んで十分美味しいものです。しかし、スープの薫りに乏しく普通に美味しい黒っぽい醤油ラーメンになっています。京都でこの黒っぽい醤油スープを採用している店は多数ありますが、肉系の出汁からこれでもかと言わんばかりのエキスを抽出しているのに対して、ここではきわめてあっさりとしています。悪くはないのですが、特色というか強調する何かがないように思えます。
チャーシューもぱさついた感じで、訴えてくるものにかけるように思えました。

基本は中華食堂なので、そのほかのメニューも充実しています。
そういった意味で均整がとれているのかもしれません。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。