なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「骨付き豚バラ肉のつけ麺」@Vulcania Restaurantの写真4月某日、夕、本日は公立の高校受験に合格した娘2号と交わした約束で、朝の7時過ぎからディズニーランドへ。昨夜はヨメは1号の下宿に、私と2号は隣の町のビジネスホテルに泊まってこの日に備えて来た。

結局、2号の希望でディズニー・シーに開園と同時に入場。昼間は食べる事を惜しんでも遊びまくりたい、と言う事で、ワゴンフードで簡単に凌ぐ。しかし、夕飯だけは予定通りのこちらの中華レストラン。「センター・オブ・ジ・アース」乗車前に腹ごしらえ。

16:55着、入口前のメニュー(店内写真)でチェック、先客店内ざっと見で6割の入り。スキー場のカフェテリア形式でのオーダーで、カウンターにセットされた品々から私は当然‘骨付き豚バラ肉のつけ麺’(980円)をゲット。ヨメに清算を任せ、奥のソファーテーブルを確保、後客たくさん。

そもそもディズニーランドへは過去5回ほど、シーは今回2回目となるが、いずれも園内レストランの「ディズニー価格」は想定済み。しかしホントは食いたかったつけ麺主体の「ヴォルケイニアセット」は1700円もするので、その単品で我慢する。カウンターには既に盛り付けられたつけ麺がセットされており、待たずに即行トレイに乗せた次第である。

ビジュアルは、骨付き豚バラ肉、半味玉、メンマ、小松菜、白髪ネギの乗った麺皿と、ほんの僅かな醤油のつけダレが入った器での提供となる。

麺がくっつき合って一体化しているので解してからでないと、全量を投入することになる。いっぱしのつけ麺屋ならば、ここで星一徹状態となるところだが、ここは家族の手前もあるので抑える。そして少量を浸して食う。醤油のカエシは、誤解を恐れず、敢えて表現すれば甘酸っぱ&チョイしょっぱな醤油ダレをモヤシの茹で汁で割ったようなビミョーな味。それ以上は言及せまい。

麺は断面四角のストレート中太麺で、先述の様にくっつき合っている。また麺量は極めて少なめで100g前後かと推定される。少ない。小麦の風味はあるが、湯でたてでは無いのでコシが無い。こちらもそれ以上は言及せまい。

具の骨付きバラ肉は、厚みがあって、真ん中でパカッと切り口が入っている。これは薄甘口の醤油ダレで煮つけられたもので脂身は少なめだが、とにかく肉がとても柔らかで結構ジューシー。かなり美味いぞ。半味玉は白身の周囲に醤油色が染みたもの。チョイと鮮度に乏しくて、硬い食感が今一つ。メンマは、薄味付けの柔らかスタンダードなもの。小松菜は歯ごたえ良く、美味いもの。白髪ネギは単調な醤油のつけダレに投入し、それなりの薬味感を発揮。

割りスープは無し。多分、想定されていないと思われる。ディズニー・シーのレストランの中で、おそらく中華レストランはこちらだけ。好物のつけ麺をイッタのだが、他のレストラン同様、値段は高いものの、味を云々言ってはイケないもの。しかしながら「空腹は最高のスパイス」とは良く言ったもので、昼にホットドックとギョーザドックしか食っていない我が腹は、装備されていた「骨付き豚バラ肉」の美味さもあってそこそこ満足したのであった、、、

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 2件

コメント

どもです。
食事はスナック的なものが多くなるだけに、ちゃんとした食事にありつけたシアワセに感謝ですね。(笑)
仕方ないと思いつつも、やはり高い。(泣)

5656 (活動超停滞中) | 2015年5月2日 10:30

ディズニーのスタンドで売ってる肉はほぼハズレなしですよね。
こちらも肉が美味そうです。
しばらく予定はないですが、シーに行ったら寄ってみたいと思います!

no | 2015年5月3日 10:35

5656さん、コメントありがとうございます。

ここではいつもレストランは高いので、昼メシは簡単に済ませちゃいますよねー。
その分、レストランでの食事が、何でも大概美味く思えてしまいます、、、

チャーチル・クロコダイル | 2015年5月5日 11:24

noさん、コメントありがとうございます。

今回の品、ハッキリ言って麺はイタダケナイものでしたが、肉だけは
ボリュームあって実に美味かったですね。
でも、やっぱし高いよね、、、

チャーチル・クロコダイル | 2015年5月5日 11:27