なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 
2018年10月4日の大崎裕史の今日の一杯

東京都中央区新日本橋

日本橋ふくしま館-MIDETTE(ミデッテ)@新日本橋

MIDETTE(ミデッテ)というのは「見て行って」の福島弁。
福島県観光物産館で定期的に福島県のラーメンを提供している。
今月は
1-2日:うえんで@会津若松(写真は2日のモノ)
10-15日:まるや@喜多方
17-18日:若武者@二本松(ただし提供メニューは会津地鶏中華そば)
22-24日:うえんで@会津若松
25-31日(28のみ休み):まるや@喜多方
※平日 10:30〜20:00、土日祝日 11:00〜18:00
※上記営業時間は「ふくしま館」の営業時間でラーメンに関しては早めに終わる。
例)うえんで(16時、早い時で14時頃)、若武者(16時頃)

12時過ぎには20人以上並んでおり、スタッフが「30分以上お待ちいただきますがよろしいですか」と言っていたので諦めて先に次の店へ。食べて帰ってきた頃(13時前)は5-6人だったので並んだが、醤油ラーメンは売り切れだった。なんと早い!

「うえんで」は地元の人気店で店名は元あった場所の「上ノ台」がなまったもの。移転してこれまた人気の「牛乳屋食堂」のすぐ近くに。「喜多方ラーメン」と「会津ラーメン」は別物なのだが意外とわかりにくい。一般にはスープに鶏が多いのが「会津ラーメン」、豚と煮干しが効いているのが「喜多方ラーメン」と私は勝手に思っている。
千葉県旭市に「白虎」という「うえんで」店主の弟が経営するラーメン店がある。

会津山塩チャーシューメン1000円を注文。
懐かしくおいしい。あっさりしたスープ。チャーシューは柔らかくておいしい。
麺は小西製麺(会津若松)か曽我製麺(喜多方市)のどちらかだと思う。幅広多加水縮れ麺。
喜多方ラーメンの麺との違いがわかりにくい。昔は小西の麺は当てられたのだが・・・。
最近、百貨店催事のクオリティが上がってきているが、こちらもなかなかのもの。たまには食べてみて欲しい。

お店データ

日本橋ふくしま館 MIDETTE ミデッテ

東京都中央区日本橋室町4-3-16 柳屋大洋ビル1F(新日本橋)
大崎裕史

(株)ラーメンデータバンク取締役会長。日本ラーメン協会発起人の一人。東京ラーメンショー実行委員長。1959年、ラーメンの地、会津生まれ。広告代理店勤務時代の1995年にラーメン情報サイト「東京のラーメン屋さん」を開設。2005年に株式会社ラーメンデータバンクを設立。2011年に取締役会長に就任。「自称日本一ラーメンを食べた男」(2019年4月末現在約12,500軒、約25,500杯実食)として雑誌やテレビに多数出演。著書に「無敵のラーメン論」(講談社新書)「日本ラーメン秘史」(日本経済新聞出版社)がある。