なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 
2016年8月10日の今日の一杯

東京都目黒区池尻大橋

長らく恵比寿に店舗をかまえ、紆余曲折あり2013年に閉店していた背脂チャッチャ系の有名店「らーめん香月」。今年の1月に創業者の穴見氏の監修の元、六本木で復活を果たし、8/7に池尻大橋店がオープンした。場所は「八雲」と「和利道」という2つの名店のちょうど中間地点の島になった角地。こちらの店舗はラジオDJやサーフィンなどに携わる宇治田みのるさんがオーナーをつとめているようだ。オープン3日目に訪問。らーめんは「背油背脂らーめん」と「塩らーめん」が発売中で「えび塩らーめん」と「背脂味噌らーめん」は未発売であった。旧恵比寿本店ほどではないが広めで余裕のある作りの店内。スタッフも6人くらいいたのではないだろうか。

「醤油ら~めん」(850円)
食券を手渡すと麺の硬さと脂の量を聞かれる。今回は両方普通でお願いした。麺固め・味濃いめ・背脂多めの通称「三拍子」で注文できるかは未確認。大きめのどんぶりに背脂うっすら浮かんだたっぷりのスープ。表面アツアツ、しっかりコクあり、程よいしょっぱさに背脂の甘みと旨み。低加水寄りのシコシコしたチョイかたの麺。トッピングはやわらかなチャーシューに甘味あるメンマ、のり、半味玉。個人的に「香月」のらーめんをいただくのは旧恵比寿本店以来かなり久々で今食べると果たしてどうなのか?と心配もあったが美味しかった。

えび塩や味噌などの提供も楽しみ。アルコール類も充実、もともと飲んだ後にもよさそうならーめんなので一杯やってかららーめんで締めるのよいだろう。

お店データ

ら〜めん香月 池尻大橋店

東京都目黒区大橋1-2-5 新村ビル1F(池尻大橋)