なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 
2019年4月15日の大崎裕史の今日の一杯

東京都立川市立川南

2019年4月5日、立川ラーメンスクエアにオープン。店主は名古屋の「一刻屋」「ラーメン55」の修業を経て、米国シアトルへ渡り、人気店「Ramen Yoshi」の店長を3年間任される。そろそろ日本に戻ろうかな、と考えていた時に私のツイッターでラーメンスクエアの「ラーメントライアウト」(優勝するとラーメンスクエアに出店できる)に出場。見事優勝を飾り、この4月に出店した。

アメリカからの凱旋帰国であり、ラ博の米国からの出店のように異国間を出したいところであるが、ラーメンスクエア自体が米国をイメージしており、このお店の米国間を出せば出すほど、周りに同化してしまうという悪循環。店内にはシアトルマリナーズ時代のイチローの写真があったりして、「シアトルから出店」を意識している。

イチオシメニューは優勝した作品をブラッシュアップした「ベジタブルラーメン」850円。鶏や豚を一切使用せず(アニマルオフ)、大量の玉ねぎと野菜をじっくり煮込んだ甘めの醤油味。麺は名古屋の製麺所に特注したもの。具には珍しいさつま揚げが目立つ。他に穂先メンマ、味玉(半分)、もやし、オクラ、豆苗、糸唐辛子。非動物系ということでチャーシュー替わりのさつま揚げなのかな。

他には同様のスープに鶏魚介を加えた中華そば750円や、味噌そば850円、まぜそば880円、台湾まぜそば880円など。

お店データ

Seattle Ramen Stand

東京都立川市柴崎町3-6-29(立川南)
大崎裕史

(株)ラーメンデータバンク取締役会長。日本ラーメン協会発起人の一人。東京ラーメンショー実行委員長。1959年、ラーメンの地、会津生まれ。広告代理店勤務時代の1995年にラーメン情報サイト「東京のラーメン屋さん」を開設。2005年に株式会社ラーメンデータバンクを設立。2011年に取締役会長に就任。「自称日本一ラーメンを食べた男」(2019年4月末現在約12,500軒、約25,500杯実食)として雑誌やテレビに多数出演。著書に「無敵のラーメン論」(講談社新書)「日本ラーメン秘史」(日本経済新聞出版社)がある。