なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 
2019年4月16日の大崎裕史の今日の一杯

東京都品川区北品川

大井町にあった店が2019年4月15日、北品川に移転して再開。北品川駅改札を出ると目の前の第一京浜を挟んで向こう側にあるガソリンスタンドの奥に店が見える。ただし、歩道橋を登り降りしなければならないが。

11時55分着。最大15人くらい待ち。チラシでも撒いたのかと思って聞いてみると「テンパってしまうのでTwitter以外は何もしてません」とテンパっていた。(^^;

最近、人気も出てきたとは聞いていたが、正直ここまでとは思わなかった。
そして味の方だが、それこそ相当美味しくなっていてビックリ。これなら多くのファンが付いて当たり前だ。並び始めてから食べ終わるまでに50分。

醤油そば800円
塩そば800円
昆布水つけ麺900円
三位一体900円
特製は+200円。

という4メニュー。ただし、しばらくは三位一体はお休み。
名物の「10円サイドメニュー」は「50円サイドメニュー」になっており、鶏おろしポン酢丼、鶏タルタル丼、鶏バター醤油丼、玉子かけご飯、鶏ラー油マヨ丼、鶏ガーリックバター丼、鶏生姜焼き丼、ラー油玉子かけご飯と豊富に用意。10円が50円に値上がりしたものの、まだまだ安いので多くの人が頼んでいた。これはうまいやり方。

特製醤油そばを注文。特製になると豚ワンタン1個、鶏ワンタン1個、チャーシュー2種、味玉半分、が入るのでかなりお得感がある。実際、私は普通の醤油そばの食券を買ったのだが、この説明を見てすぐに「すみませ〜ん。特製に変更してください!」と言わざるを得なくなった。

麺は自家製で国産小麦に石臼挽き小麦を配合。鶏スープはせせり付き国産鶏ガラ+山水地鶏の丸鶏。和風スープは本枯れ鰹節、真昆布、白口煮干しなど。鶏スープと和風出汁をブレンドして提供。(裏メニューで鶏100もいずれやるとか。前の時は好評だった。)チャーシューは成長促進剤不使用の三元豚。水はπウォーター。

いや〜メチャクチャおいしかった。右隣が偶然知り合いでしかも塩を食べていたので少し貰ったが、貝を効かせており、これまた私好み。早々に再訪して塩を食べたい。その時もやっぱり特製で。左隣の人は昆布水つけ麺を食べていたが、それもおいしそうだったな〜。でも、三位一体(スペシャルスープ)が始まったらそれも食べたいし、つけ麺までたどり着けるだろうか?

いやはや凄い進化を遂げていた。超お薦め!

お店データ

中華そば 和渦 TOKYO

東京都品川区北品川3-2-1 MTM STUDIO 2F(北品川)
大崎裕史

(株)ラーメンデータバンク取締役会長。日本ラーメン協会発起人の一人。東京ラーメンショー実行委員長。1959年、ラーメンの地、会津生まれ。広告代理店勤務時代の1995年にラーメン情報サイト「東京のラーメン屋さん」を開設。2005年に株式会社ラーメンデータバンクを設立。2011年に取締役会長に就任。「自称日本一ラーメンを食べた男」(2015年12月末現在約23,000杯実食)として雑誌やテレビに多数出演。著書に「無敵のラーメン論」(講談社新書)「日本ラーメン秘史」(日本経済新聞出版社)がある。