なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 
2017年7月18日の大崎裕史の今日の一杯

東京都大田区雪が谷大塚

たけもと@雪が谷大塚が火曜日限定で「進化論」として二毛作営業。今日(7/11)で3回目の営業。店主は「進化論」の日は基本的には店に出るようにして他の日で休みを取るらしい。店長は逆にこの日は休んでいるとのこと。

進化論そば1000円を注文。これが基本メニュー。また基本メニューで千円というのが出てきた。しかし内容から考えると千円でも安いくらいである。

スープは東京軍鶏をベースにのどぐろと鯛をふんだんに使用。おそらく「麺家うえだ」でも使っているのどぐろ煮干しと思われる。清湯なのかと思ったら結構濃厚な白濁スープで驚いた。しかし、生臭さやえぐみなどがないので飲みやすい。醤油も5種類をブレンドしているらしく、味をまとめていておいしい。

トッピングのワンタンは基本メニューに2個入っており、海老とホタテにレモングラス。たっぷりと言うほどではないが餡も多め。チャーシューはお得意の低温調理で鶏と豚が一枚ずつ。他にはメンマと葱、糸唐辛子。

麺は通常営業と同じ村上朝日製だが、麺は変えており、全粒粉入りの細麺ストレート。のどぐろは多めに確保してあるらしく、しばらくは続けられそう。

高級麺(千円超え)は清湯で出すことが多いような気がしていたが、白濁でも十分行けるし、満足感を得られることがわかった。そういう意味ではまた新たな拡がりを魅せてくれそう。

お店データ

進化論

東京都大田区南雪谷2-12-6(雪が谷大塚)
大崎裕史

(株)ラーメンデータバンク取締役会長。日本ラーメン協会発起人の一人。東京ラーメンショー実行委員長。1959年、ラーメンの地、会津生まれ。広告代理店勤務時代の1995年にラーメン情報サイト「東京のラーメン屋さん」を開設。2005年に株式会社ラーメンデータバンクを設立。2011年に取締役会長に就任。「自称日本一ラーメンを食べた男」(2015年12月末現在約23,000杯実食)として雑誌やテレビに多数出演。著書に「無敵のラーメン論」(講談社新書)「日本ラーメン秘史」(日本経済新聞出版社)がある。