なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「特製濃厚味噌(カレー)」@みそや林檎堂BASICの写真夏はやっぱりカレーですね~!(毎回違う事を言ってる気がしますが…)
カレー、カレーと、カレー味噌…無いッ!?
店員さんに訊いたらカレー味も出来るとの事で、迷わずお願いしました。
「スープに粉チーズを溶かして御召し上がり下さい。」と言われて見たものの…

スープは……見えません!
いつも先ずはスープから食べる派なので、麺をかき分けスープを何とか蓮華に。
ドロッとした濃厚なスープを一口、しっかりカレーもきいていて濃厚ながらもしつこくなくまろやかな味です。ラーメンというよりは和え麺にも近い様な濃厚スープで、粉チーズが入ると更に濃厚かつドロッとします。濃厚民族の方は必食。
私の経験した味噌ラーメンとしては、今までで一番濃厚かと思います。

麺は中太やや縮れ麺で、程好いモチモチ感がスープと合っています。
ただ、具材がモリモリなので麺を引き上げるのがかなり大変でした。

具材は、ローストビーフ・粉チーズ・叉焼・麺麻・挽肉・水菜・もやし・葱・味玉。具沢山!
ローストビーフはしっとり柔らかく旨みもあります、肉の味的に国産牛ですかね。しかし運悪く筋が多めの部分に当たり、なかなか噛みきれませんでした。「味噌スープにローストビーフ!?しかも粉チーズ!?そしてカレー仕様にしてしまったけど大丈夫!?」と自業自得を焦っておりましたが、全く問題無く美味しい(笑)好みは分かれるとは思いますが、私は好きです。
叉焼は冷たいものが乗っており、冷たくても箸で切り分けられる柔らかさ。味はローストビーフの後では特筆するものは無いけど、柔らかさはビックリです。
挽肉も同じく、甘じょっぱい味でしたが印象は薄いです。
麺麻は柔らかい極太タイプの甘め、辣油みたいな辛ダレがかけてあり甘味と辛味を楽しめます。
水菜は生で独特の苦味が良いアクセントに。
もやしと葱はローストビーフの下に。もやしは茹でてあり私は常々ラーメンに茹でもやしが入るのは否定的ですが、こちらはスープがドロ系なので水分で味が薄まる事も無く葱とも合っていて仄かな甘味がとても良かったです。
味玉は醤油の風味が強く出た甘から味、黄身までしっかりと味が染みた濃厚なゼリー状。これは逸品。

味を総合して、濃厚一直線の味噌カレーラーメンでした。
味噌スープに具材も肉系が多く内容がタンパク質だらけな事とか麺がとりにくい事とか、色々細々気になる点がある気がしますがそれを吹き飛ばす個性と美味しさがあります。

店内は黒を基調としたやや暗めな作りでムーディー、椅子が木で硬かったのが少し気になりました。
BGMは終始宇多田ヒカル、妙にお店の雰囲気に合ってました。

お店は味噌メインの扱いですが、しっかりとカレーの味は楽しめたのでカテゴリーはあえてカレーに致します!
次は通常の味噌ラーメンを食べたいなぁ。

御馳走様でした!

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。