なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「たくみラーメン」@麺屋 たくみの写真夏の帰省中にいただいた際のレビューです。

岡山駅、新幹線乗り場前の飲食店街の一角を占める。
某江東区のDr.KT氏の情報に乗っかって訪店。
氏は特選しょうゆをチョイスされていましたが、
お店の看板商品と思しき「たくみラーメン」を選択します。

基本は、岡山ラーメンの典型とでもいうべき豚骨醤油。
甘口のタレと豚骨を併せたスープに、加水低めの細麺。

スープはマイルドながら、後口にきちっと残る髄質感が心地よい。
岡山ラーメンにありがちな、タレの甘味も塩分も抑え加減で、
万人向きを狙ったかのような仕様になっていますが、
結果的にこれが、やはりマイルド目ながら存在感のある豚骨スープを
静かに存在感を放つ主役として成立させることになっていると思います。

麺は、博多ラーメンのそれより、気持ち太めながら、
パツパツとした噛み心地と適度なしなやかさを湛えたものとなっており、
これまた特徴がややぼやけたお店が多い(?)岡山ラーメンにあって、
食べ手にある種の「わかりやすさ」を感じさせるものになっています。

チャーシューは、厚手の煮込んでホロホロ系のもので、
適度な脂身のネットリ感が味わえつつも、
味つけは岡山物らしく淡白気味で、それがしつこさを感じさせない程よい仕上がりに貢献、
メンマの方も、一口目淡白な味わいながら徐々に味わいを感じさせるもので、
このあたりは、「岡山者」である私の好みにもフィットするなあ。

総じて、岡山ラーメンを、やや個性を抑えることで、
どの土地の人にもそれなりに受け入れられるようにしたかにみえて、
ある種の完成度の高いラーメンに仕上げた一杯。
静かだがズッシリとしたスープのボディと、切れの良い麺のコントラストが
わかりやすさと心地よさを演出。
されど、随所に、「岡山らしさ」も潜んでいる、地元出身者にも嬉しい一杯、
というところでしょうか。

駅中という立地が産んだ…かどうかはわかりませんが、
なかなか興味深いものでした。

さて、しばしの帰省・休息を終え、また忙しいところに身を投じますか。

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

こんにちは。
帰省の折の一杯ですね。岡山のラーメンは全く知りません。
豚骨に甘味タレが特徴のようですが、都会風なアレンジによって万人向けになっているということですね。新幹線乗り場前という場所柄もあるのでしょう。
そして、岡山らしさを随所に見せるという工夫もありがたいですね。

mona2(多忙さぼり短レビュ) | 2016年9月6日 15:17

こんにちは
岡山が故郷でしたか。岡山一度しか伺ったことありませんが、果物やお魚が美味しくて
風光明媚な瀬戸内の海と備前焼、国分寺などを巡る吉備路何かも素敵ですよね。
岡山ラーメンは全く知りませんで、広島に比べるとあっさり志向なんでしょうか。
夜中だけやってる有名なお店があるって聞いたことがありますが・・・

mocopapa(疲れ気味) | 2016年9月6日 17:52

岡山ラーメンって、新橋の店しかイメージないのですが、微妙な差異にこだわりを感じます。
豚骨醤油って本当にバリエーションの豊かさがあるし、地方色も加わりやすいんですね。
でも、このいっぱいは、とても上品な豚骨醤油と感じました。美味そうです。

このメニューが一番デカデカと掲載されているのは存じていましたが、いわゆる基本メニュー好きなため、迷わず醤油ラーメン食べちゃったおいらの登場ですよw
エキナカなので少し資本が入ってるのかと思い、地元の方(お客さん)に訊いてみたんです。そしたら、以前は駅前で営業してた店が、駅ビルのリニューアルか何かでテナントに入ったんだとか。
お洒落な作りのお店で安心感もありましたので、また折を見て食べてみようかな?って思ってます。

ラーメンじゃなくて、デミカツ丼食べちゃいそうですが。

Dr.KOTO | 2016年9月12日 20:26