なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「タンメン(700円)」@鶴廣の写真新・東京横濱ノスタルジックラーメン紀行 其の弐拾五

 此処。それこそ街中華の典型ような店。

 ただ、店がある場所が凄いのだ。

 いったい、どれほどの人が、どんな気持ちで、江戸に向かい、江戸を離れたのか。

 日本橋を出て、品川宿、川崎宿を通り、神奈川宿を出て程ヶ谷(保土ヶ谷)宿に向かう道の途中。日本橋から約七里の距離。

 そう、この店は環状一号沿いにあるのだが、店の裏手は、旧東海道だったのである。

 現在は、道幅も狭く、標識でもなければその道が、かつての五街道の一つ、東海道であったことは解からない。徳川家康により天下は統一、太平の世となった江戸時代。商人を中心に、多くの人たちが旅し、歌川広重や十返舎一九が描いた旧東海道、なのだ。

 神奈川宿があった辺りまでもどれば、嗚呼、そうなんだ、と思えるが、まあ、此処の周りを見渡しても面影はない。

 店に入って来る客は、そんなことはどうでもいいのかも知れない。ボクだって、江戸の昔に想いを馳せて、なんて思わないし。旨けりゃ、それでいい。

 此処は二度目。蟹チャーハンを喰った。缶詰の、ズワイガニのほぐし身が上にちょんと乗った、よく見かける蟹チャーハンと思いきや、脚の身が結構入っていたのに驚いた。デフォチャーハンは670円、蟹チャーハンは900円、その差230円とは思えないほど、コストパフォーマンスに優れている。

 そうそう、付属のスープも、イイ。もう、昔懐かしチャーハンスープそのものだ。だから、麺類もきっと旨いはず。

 ・・・醤油系にしときゃ良かったか。まあ、また来るさ。

 決して薄いわけではないが、なんかこう、もっと、ノスタルジックな、そんなスープを期待したが。街場中華の塩スープ。さして不満などないが。

 具はちょっと文句を。モヤシメインはいいんだが、あとはニラと木耳、トンコマ程度で、材料少なすぎだよな。せめて人参とか、キャベツとか、入れて欲しいもんだ。

 平打ちの麺はなかなかいいぞ。ああ、店外にあった麺箱に私市商店、と書かれていた。昭和二十年代創業で、中華街の店にも卸している老舗のようだ。

 そうそう、此処はオカミサンがオモシロイ。結構、ギャグを言うのだ。そのオカミサンに前回来たとき尋ねた。創業して四十数年だそうな。

 今日もまた、サラリーマンで賑わうこの店。喰った後、消化を助けるために旧東海道を神奈川宿があった辺りまで歩いてみるといい。結構な坂が、待ち受けている。

投稿(更新) | コメント (5) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

なんだか、頭の中が蟹チャーハンになってしまいました・・・。
ロケーションはノスタ以上に歴史感じますね。
蟹チャーは無理にしても、タンメンくらい啜って帰ろうかしらん!

会津愛おし ぶるぢっちゃんさん、こんばんは。

お、私の旧ホームのお店だw
ここでの自分のおすすめは肉そばです。
肉そば塩バージョンがあれば会津愛おし ぶるぢっちゃんさんの好みに合うのかな・・・?

ぬこ@横浜 | 2016年12月26日 21:27

ぶるさん、こんばんは!

横浜ですね~! このお店は知ってましたが、行ったこと無いです。
横浜駅で呑むと〆時には閉店してるんですよね。
街中華系はそういう制約があったりします。

尼茶(検診結果危険!) | 2016年12月26日 22:57

こんにちは
タンメンにしては野菜が物足りないですね。
それより蟹炒飯が気になります。
ぬこさんのお勧めの肉そばも。

mocopapa(疲れ気味) | 2016年12月27日 11:29

あ、ノスに戻った!
そうですよね、野菜、種類も量も一定のモノが欲しい。
求める味わいとの微妙な差異、わかります。

GT猫(冬期離席中) | 2016年12月28日 00:45