なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「濃厚な煮干しそば 780円」@中華そば いづるの写真平日の12時半過ぎに到着。ドロドロの煮干ラーメンに興味を持って来店。かなり混む時間に来てしまったと思ったが、外待ち2人。外にある券売機で掲題のボタンをプッシュした後に接続するが、結局外で15分、店内で5分待って着席。この日の煮干しはツイッターでは九十九里産背黒のみとのことであった。待っていると数人が替え玉と和え玉を間違えて買ったとのことだったが、店主は丁寧に説明してリカバーをされていた。

出てきた一杯は確かにドロドロ感がすぐわかるスープで、色はよく言うセメントで泡立っている。思い他具材の大きさやボリュームも目立っているビジュアルである。スープを飲んでみると、あ~やはりかなりのドロドロとしているスープで、凝縮感のある煮干し由来のコクがあり、旨みがはっきり出ていて美味しい!苦味やエグミはほとんど感じられないというかつっかえないスープで、濃い旨みが残る。頭とワタを丁寧に取ってこの味を創ったのではなかろうか。そしてこのドロドロ感はどういう風に創ったのだろうか。油分は感じられずやや強めの塩分が美味しさを増長しており、もしかすると醤油系を隠し味的に使っているようにも思えた。個性的で美味しいスープである。麺は細いストレート麺で、食べてみるとポキポキ感のある麺で、適度にスープを持ち上げていて美味しい!これで強く絡むと煮干しの味が強くなり、しつこさが出るように思われた。食べ進むうちにシナジー感も出てきて、止まらない感覚になった。量的には気持ち少なめといったところである。具材はチャーシュー2種・なると・青ねぎ・白髪ねぎ・玉ねぎ・大葉。チャーシューはロース?のレア系と熱の通った仕様で、レアは少し燻しているような味わい。もう一つは肉の旨みがはっきり出ていて、両方共スープと相俟って美味しい!なるとはビジュアル的要素。青ねぎは切っていないわけぎで、香りが強い。白髪ねぎはスープと絡んで麺と併せて食べるとGOOD!たまねぎは存在感があった。大葉はアクセント的な役割であった。後半替え玉か和え玉をコールしようかと思ったが、既にスープは底を尽きかけていた。

やはりドロドロのスープが個性的であるがそれだけでなく、煮干しの癖をしっかり取り除いて旨さを主張しているのは素晴らしいと思った。特にエグミを取り除いているのが素晴らしい。それに併せる麺も一体感があり、スープに負けない存在感があった。具材も個性が光った。これで量的にもう少し多ければほぼベストではと思った一杯であった。次回は同じメニューと和え玉でいこうかと思う。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。