なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「黒トロ淡海麺」@天下ご麺 浜大津店の写真9月某日、夜、本日は大津への出張初日。他県の同僚たちと「中華飯麺 万両力石 浜大津店」で夕ラーを食った後、一端ホテルに戻り、シャワーを浴びて一休み。腹もこなれたので夜食に突撃したのは事前予習していたこちらの店。

事前予習ではこちらのウリはあっさり塩ラーメンの「近江塩鶏麺」らしいが、装備が我が宗教上NGの鶏チャーシューなので回避。豚骨大好き「豚野郎」としては豚骨もラインナップされているから安心だ。

23:10着、先客2名、カウンター席に着座、後客1名。おねーさんに促されて券売機(メニュー写真)に戻る。ここで事前予習していた「とんこつスープ」から‘黒トロ淡海麺’(700円税込)のボタンをプッシュする。

卓上にあるメニュー表(メニュー写真)を見ながらスタンバる。「塩」「醤油」「豚骨」「味噌」など一通りのラインナップを揃えているが、メニュー名が皆んな一筋縄ではいかない命名。創作ラーメンのニオイがする。しかし説明書きが一切無いので内容が不明だ。このあたりは改善が望まれる。そして待つ事5分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー、半味玉、キクラゲ、刻みネギが、多めの黒マー油が垂らされた黄茶色の豚骨スープに乗っている。

スープから。とろみのかかった粘度のある豚骨スープは、意外や豚のクサミが抑えられている反面、濃厚なる豚骨の旨味とコクが詰まっており、なかなかヘヴィーな味わい。そしてそれら全てを凌駕して来るのが濃厚な黒マー油のビターなテイスト。焦がしニンニクの濃縮されたニガミと香りが結構強めに効いてくるのだ。これが実にイイのである。豚骨の濃厚な旨味と焦がしニンニクの効いた黒マー油の苦み走ったテイストが旨くマッチング、実に美味い濃厚豚骨スープである。

麺は断面四角のほぼストレートの細麺。博多麺とは違って加水のあるツルツル麺で、茹で加減やや硬めが良く、コシがあるツルパツとした食感がイイ。細麺なので濃厚な豚骨スープが絡みまくる。このスープを食う感がイイのである。

具のチャーシューは焦がしの入った炙りチャーシューで、意外とデカいのがウレシイ。焦がしの部分がカリカリと香ばしく、醤油ダレの滲みたしっかりした味付けが美味い。半味玉は薄味付け、あっさりしていて美味い。キクラゲは柔らかコリコリ、豚骨スープには良く合う装備。刻みネギは爽やかなネギ薬味感を発揮していてイイ感じ。

スープ完飲。琵琶湖のほとりの大津の出張でマークしていた店での夜ラーメン。ウリの「近江塩鶏麺」は回避して豚骨の「黒トロ淡海麺」をイッタのだが、マッタリとした豚骨スープと苦み走った黒マー油がマッチしたアダルトビターなテイストがイケる濃厚豚骨ラーメン。淡海のイメージから薄味の豚骨スープを予想するも、濃厚豚骨が好物の「豚野郎」としてはイイ意味でビター感に心地良く裏切られた実に美味いラーメンだった、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。