なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「香味拉麺700円」@MEN-YA DAISUKEの写真MEN-YA DAISUKE@阪東橋(南区吉野町)、2017/3/24オープン、フレンチ出身の店主さんが手掛ける淡麗ラーメンのお店です。
 先ずは一言(笑)、店主さんの出身や食材などの情報も「味」のウチだから、もう少し告知した方がいいと思います。

 メニューは鶏清湯スープの温麺とつけ麺、麺の増量は大盛でなくて替玉で対応されています。
 トッピングは標準的な海苔、メンマなどに加えてしっとり香味鶏、柔らか煮豚など
 山芋とろろご飯などのご飯もの、餃子、飲み物は瓶ビール、ハイボールなど。

 L字カウンターは9席(開店当初は10席だったようです)、卓上には白胡椒のみ(開店当初は拉麺胡椒)。
 麺は、茹で麺機全体に蓋をして蒸すように茹で上げています。

 店先のガラス壁には「丸鶏スープ、白正油」とあります(ラーメンの情報はこれだけ)。
 大豆から作る醤油に対して、小麦から作る白醤油、白と言うより琥珀色で甘味が強いのが特徴ですね。

 程なくして香味拉麺700円。
 フォン・ド・ヴォーの手法で丸鶏を煮出し、昆布出汁で味に厚みを増し、チャーシューの煮汁を加えて味を広げ、香味野菜で味を整えています。
 白醤油のほのかな甘みと琥珀色がスープ全体に染み渡り、フライドオニオンが香ばしく、(同じ吉野町で至近距離の)名店に迫る美味しさ。

 合わせる細麺は県西地区在住の私にとっては馴染みが深くても、横浜の人には馴染みの薄い麻生製麺、柔らかめ仕上げが美味しいですねぇ。
 肉々さよりスープとの相性を優先した味付の厚切りチャーシュー、なぜか業務用メンマ、なぜ細切りキクラゲ、板海苔、薬味ネギは青い部分しか使われていません。

 スルッと食べてご馳走様でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。