なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「ワンタンメン+大盛り」@赤城ラーメンの写真2/19 お昼に訪問。


 休日の午前中から『カー娘』に嵌ってしまったために昼食は近場にしました。住宅街にひっそりと佇むこちらへ初訪です。実は以前一度訪問を試みたことがありますが、存在を確認できていませんでした。再度伺ってみると、こんなところにあるのかという感じです。立地も然ることながら幟等の目印はなく、提灯と入り口に店名が書かれているのみです。知らなければ訪れることもないかと思えます。
 メニューを確認すると驚きの価格設定です。麺類はほぼワンコインで、最高でもなんと600円です!!そんな中から標記に決めました。ついでに躊躇せずに「大盛り」にしてもらっちゃいましたが、それでもお値段は500円+100円=600円です。


 丼!!
 まさかの通称『洗面器』で登場したボリューミーな一杯です。

 スープはガラ類を主体とし、昆布等の魚介ダシも薫ります。全体的にノスタな印象で昭和を感じさせます。円やかな醤油ダレもまたそちらに寄せています。

 麺は軽い縮れの中細麺です。多加水で麺肌の滑らかさが特徴的です。それ故にスープの持ち上げは弱くなっていますが、麺自体の味もまずまずなので無問題です。それにしても麺量の多いこと・・・普通の2玉以上はありそうです。

 具はチャーシュー、メンマ、ワカメ、ネギ、そしてメインのワンタンです。
 小ぶりなロールバラはややパサで風味も大人しめです。
 メンマ、ワカメ、ネギといったマテリアルは昭和な一杯には欠かせません。
 ワンタンはこちらもたっぷり合計8個も投入されています。種&皮ともに中庸な印象ながら、ボリューム感による満足度は高いです。


 タイムスリップしたかと思わせるに十分なノスタな雰囲気で味わうノスタな一品です。
 リーズナブルに楽しむにはもってこいのお店です。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

こんばんは、ご無沙汰です。
こんなところ(悪い意味ではないのですが)にラーメン屋があるんですね。
勉強になります。今度行きます。

立秋 | 2018年3月4日 19:28

>立秋さん

コメントありがとうございます。
立地はかなりなものなので、辿り着けるように祈っています。

黒衣のペテン師 | 2018年3月20日 08:45