なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「辛つけ麺(あつもり)850円」@次念序の写真みなさんこんにちは 小生 原チ○リと申す新参者だ。

【極太豚魚】

*店
パンジーハウスの頃は行列覚悟で通ったものだが、その熱も豚魚ブームの終焉とともに冷めこの店舗になってからは2回目の訪問となるコチラ『次念序』さんへお邪魔してみた。
店舗前に行列はなく肩透かしを食らいつつ店内に入ると客室よりも広い待ちスペースだった。
人気は健在のようである。表記の食券を購入後、女性スタッフにお渡しし20分程で客室へ案内された。

*丼
湯気が沸く麺丼、具材の入ったつけダレ、辛玉が到着だ。
ちなみにつけダレはレンジアップで提供されており、アタシの場合は2つのつけダレを600w3分20秒で加熱されていた。

*つけダレ
王道ともいえるやや甘めの濃厚豚魚スープは魚粉のアシストが効いており魚介が前へ出る設定だ。
今や一大グループとなった松富士食品なので店舗でスープを炊いているとは思えないが、塩気が強く濃厚乍ら麺を浸すと絶妙のバランスとなるのだ。
辛玉はエビの風味が強いので多めに入れたくなったが、辛さ加減もかなり強いので入れ過ぎに注意だ。

*麺
極太のストレート麺はモチモチの食感、あつもり仕様の為風味も良いが、咀嚼をすると顎が疲れる程のコシを備えているのでズバズバといただいてしまった方が良い。

*具材
煮豚は2ケ存在したが何れも獣臭を伴う。
特に脂身はその傾向が強く、申し訳ないが残してしまった。
その他、メンマやナルトは系統の証とも言え、箸休めとしては文句なしだった。

*スープ割り
「柚子」の有無を問われたがパウダーを一振りするだけなので、丁重にお断りした。
塩分濃度が低くなったので、敢えて残した麺を投入しミニラーメンとしていただきフィニッシュとなった。

*総評
間口の広い濃厚豚魚だ。
昔はわざわざ出かけたが、東毛地区であれば「弥七」を筆頭に「繁」「和み屋」「満帆(太田)」など良質な豚魚がいただける、そして質的にも優位性はないのでついでにお邪魔するのが良いのでR。

ごちそうさまなわけだが

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

いまでは、他店でもそれ以上のつけ麺が味わえる時代、優位性はないのかも。
でももう一度訪問してみたい。

昭和のBecky! | 2019年2月6日 11:19

捕まってしまえ。

研オナコ | 2019年2月6日 21:34

いい曲だな耳に残って離れない!捕まってしまえtoo!

昭和のBecky! | 2019年2月6日 23:28

初めまして川口市在住のラーメン.comと申します。
東毛とは何の事でしょうか?
毛沢東だったりして‥‥。
世間知らずでごめんなさい。

ラーメン.com | 2019年4月9日 18:46