なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「ラーメン(ニンニク アブラ 辛揚)」@鷹の目 蒲田店の写真バカ舌を自認しているので普段はレビューとかは書かないんだけど、あまりにも衝撃的だったので。

ここやtwitterを見ると「濃い二郎系」との事で、興味を持ったので 4/23 21:30頃訪問
行列なしでカウンターに着席。


スープは二郎系というより、濃い家系のものという感じ。
自分が食べた中から説明するなら、2年前に食べた末広町にある"秋葉原ラーメン わいず"のスープというのが、一番近い。
が、とにかくしょっぱい。
タレの量を間違えたんじゃないか?と本気で考えたくなるほど、しょっぱい。
野菜を天地返ししても薄まらず、とにかくしょっぱい。
飲み屋街が近くにあるし、味覚が鈍った酔客相手に調整しているのか?と思うほど、しょっぱい。

麺は平打麺で、湯で加減はやや硬め。芯が若干残っている感じで個人的には好み。
平打麺の二郎系というのも何気に初体験だとおもう。

豚は分厚いのが1枚。やや硬かったけど、食感は悪くない。90円でこの豚1枚追加できるなら有かな?という感じ

多分味変アイテム扱いの辛揚は、前述のとおりスープがしょっぱすぎて、味が変化したのか正直よくわからなかった。

追加のアブラは、チャッチャするのではなく、塊でヤサイにON。
この形式での提供も初体験だったけど、個人的にはチャッチャしてくれる方が好きかな。
なおスープには背脂らしきものは見当たらなかったので、普通の二郎系と違い、デフォでは脂なしなのかも。


総論として、とにかくショッパイというイメージしか残らなかったというのが感想。
あとは個人的には二郎系の区分ではなく、家系+野菜 と感じた。

最初に書いた通り馬鹿舌なので普段は「美味しいのでまた来たい」「美味しいけどもう来ない」「普通なのでもう来ない」位の感想しか抱かないんだけど、ここまで衝撃を受けたのは久しぶりだった。
出汁は濃厚な豚骨っぽくて多分美味しいと思うから、あそこまでしょっぱかったのは何かの間違いだと思いたいので、とりあえずこの点数。
オペが安定する頃を狙ってもう一回トライする予定。


その他、気になったことを列挙
・カウンターの客側に番号がプリントされており、「13番のお客さん何かありますか?」みたいに、コールはその番号で聞かれる。
・水はセルフ。給水機は店舗の奥。水は水道から直なのか、結構カルキ臭がした…と思う。
・レンゲは、給水機の横にしか設置されていないので、水を取りに行った際に回収しないといけない。
・ティッシュは設置されていない…と思う。
・カウンターの卓上装備は何か有ったけど、3人に1セット位の間隔で設置なので手が届かないモノがある。一番奥の13番席からはカラメボトル位しか手が届かない感じ。他に何があるかは諸兄のレビュー参照。
・店員は4人だったけど、多分系列店からのヘルプなのかな?ちょっと過剰に感じた。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。