なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「つけめん(中)」@狼煙 大宮店の写真17時10分お店到着。
二郎越谷店を後にし、越谷で2社、大宮に移り1社を参詣し、最後に大宮でかなり有名なこちらへ。
外待ちはいませんでしたが、店内満席。
すぐに「先頭の方〜」と呼ばれ、店内の券売機で食券を購入。
購入後すぐに食券を提出。
15分待ち店内へ。
奥の扉から店内へ。
着席後すぐに麺が登場。
早すぎ。おそらく、食券提出と同時に麺を茹で始め、茹で上がって麺を締めて盛り付けたものの、回転が悪く席が空かず、そのまま置いておいたものをすぐに出したのだと思います。
ほんの数分のことだし、並びができるほどのお店なのでしょうがないかもしれませんが、なんとなく嫌な感じ。
続いてつけ汁登場。
器が熱いのでお気をつけくださいとのアナウンスがありましたが、この器が尋常じゃないほど熱い!
ビックリ!
器をお湯で温める程度ではこの熱さにはならないので、おそらく器ごと電子レンジで温めたのでしょう。
全部のつけ汁の器を電子レンジで温めているのか、つけ汁を器に注いでから少し時間が経ったから電子レンジに入れたのかはわかりませんが、この熱さはすさまじい。
まずはレンゲでスープを一口といきますが、かなりの粘度でおそらく味も相当濃いだろう。
ほんの少しペロっとなめる程度にしました。
麺を浸して一口。
麺は小麦からこだわっているだけあって、風味も茹で具合もおいしい!
つけ汁の中には、玉ねぎ、チャーシュー、メンマ、のりが入っていました。
麺をつけるのに具がやや邪魔なため、メンマとチャーシューは早めに食べます。
しかし、これまたすごい熱さ。
何口か冷たい麺を投入したので、つけ汁の温度も下がっているはずですが、具まで熱々。やけどしそうな熱さです。
麺が半分ほどのところで案の定このままだとつけ汁が足りなくなる量に。
後半の数口はつけ汁を節約し、最後の2口は割りスープを投入して、かさ増しをして完食。
840円という安くはない価格設定なので、つけ汁の量はケチらずたっぷりとほしいところ。
そして、器とつけ汁の熱さはやややり過ぎな気もしました。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。