なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「塩らー麺 (麺大盛り)」@さくら食堂の写真9月某日、昼、本日は先日のイベントの什器撤去に担当の同僚と岡谷から諏訪のゲンバに向かう。同僚から昼ラーには先日逃した店に行きたい、と言うリクエストを受け突撃したのがこちらの店。

先日突撃した諏訪「麺屋さくら」の二号店。メニュー構成はほぼ同じながらも「馬力豚かつ定食」「カレー」などもウリとするラーメン食堂。麺は本店同様、自家製麺なのがイイのである。

11:50着、先客5名、二人してテーブル席に着座、後客7名。取りあえずメニュー検討、先日の「麺屋さくら」では「こってり」系の「すた麺」だったので、ここはあっさりで初食となる以前から気になる“塩らー麺”(690円税込)を「麺大盛り」(100円)でイッテみる。

この一杯、能書きでは「嫌味のない清湯にチー油を合わせ厳選した塩旨みと塩が生きたアッサリスープ」とある。こちらの店のウリは、豚バラ肉の盛られたボリュームある「すた麺」であるが、「麺屋さくら」系列であるからしてあっさり系のラーメンも美味いだろうと睨んでいた。そして待つ事5分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー、メンマ、チンゲン菜、ノリ、揚げネギ、刻みネギが、塩スープに乗っている。

スープから。程良くチーユの浮くスープはガラだしベースで、クリアーであっさりとした動物系の旨味とコクが味わえる。合わせられた塩ダレの塩分濃度はやや高めながらも、なかなかキレのある塩味と旨味に包まれており、野菜由来のナチュラルな甘味もある。加えて課長のウマミも穏やかなので、私的には丁度イイ塩梅なのである。時々遭遇する揚げネギの香ばしい香りも効果的。うっすらとしたガラだしの旨味に乗ったクリアーな塩の旨味が味わえるなかなか美味い塩スープである。

麺は断面四角のゆるいちぢれのある中細麺。茹で加減やや硬めが良く、ツルムチとした食感がイイ。こちらの麺も自家製麺と思われ、私的好みの中太麺程の小麦の味わいまでには至らぬものの、ハリがあって美味い麺である。「大盛り」も丁度イイ麺量である。

具のチャーシューは好みの豚バラロールチャーシュー、箸で摘まむとホロホロと崩れるほどに柔らかく、薄味付けで実に美味い。メンマも薄味付けの柔らかサクコリ食感。チンゲン菜の青々しい野菜の旨味が塩スープにしっくりと来る。ノリの磯風味はまずまず。揚げネギは少量ながらも、前記の如く香ばしさが有効に効いている。刻みネギの薬味感も良好だ。

スープ完飲。諏訪での軽労働作業を手伝った同僚のたっての願いで昼ラーに突撃したこちらの店での「塩らー麺」。それはガラだしをベースとしたあっさりめのベーススープに、キリッとクリアーながらも塩のが味わえる塩スープで実に美味かった。ポリュームある「すた麺」のみならず、「麺屋さくら」のウリである「屋台らーめん」の系統上にある「あっさり」とした塩ラーメンもイケるのである、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 7件

コメント

まだコメントがありません。